ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江戸とは何だったか?浮世絵テーマのデジタルアート展「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界屈指の金融街である日本橋 兜町・茅場町で、2017年1月28日(土)から5月21日(日)まで、浮世絵をテーマにしたデジタルアート展『スーパー浮世絵「江戸の秘密」展』が開催されます。

江戸の生活、文化を色鮮やかに描き出した浮世絵は、当時の大衆メディアであり、現代においては江戸時代の様子を知る貴重な資料です。同展では、浮世絵に隠されたコード・暗号=「江戸の秘密」を浮き彫りにすることで、『江戸とは何だったか』を紐解いていきます。

ただの浮世絵ではなく『スーパー浮世絵』の展覧会。スーパー浮世絵とは、超高精細デジタルデータ化された、約2万点にも昇る浮世絵の中から、選りすぐりの作品を使用したデジタルアート。浮世絵を『見る』ではなく『没入する』をコンセプトに、浮世絵が最新の映像技術で動き、巨大化し、立体の空間デザインと組み合わさって、まるで浮世絵の中に入り込んだかのような世界を再現します。

コンテンツは「名所」「街並み」「エンタメ」「グルメ」「あやかし」「花街」などのゾーンに分けられ、各所を回り、江戸観光の感覚で理解を深めることができるそう。旅のガイド役には江戸時代の旅行マニュアル「旅行用心集」の著者である八隅蘆菴(やすみ・ろあん)が登場し、ボイスキャストは歌舞伎俳優の六代目片岡愛之助さんが務めます。

また、同展の応援団として人気モデルと外国人がスーパー浮世絵フレンズ”となり、若者と海外に向けて展覧会の魅力をSNSで発信していくとのこと。

同展で見ることができる浮世絵は、ボストン美術館が所蔵する、浮世絵を撮影し、デジタルデータ化したもの。世界で最も美しい浮世絵と称される、門外不出の「スポルディング・コレクション」を、制作当時の色に近い世界を体感することができます。

『スーパー浮世絵「江戸の秘密」展』の開催会場では同じくデジタルアート展の「見て食べる体験型デジタルアート『食神さまの不思議なレストラン』展」が同時開催される予定です。こちらは、世界最高峰のデジタルアート集団『モーメント・ファクトリー』が手がける体験型エキシビジョン。

古事記をエッセンスに、「見る」「触る」「聞く」「嗅ぐ」「食べる」という五感で体感する新感覚の展覧会。五穀豊穣の神の使いであるキツネに化かされて神々の森へと迷い込み、最後に神さまのレストランへと辿り着くというストーリーで展開します。

日本橋兜町を和の文化をテーマに活性化するプロジェクトの一環として開催される2つのデジタルアート展。展示の詳細はこれから随時発表されていくとのこと。これまでに見たこと、感じたことのない新感覚の体験が期待できそうです。
スーパー浮世絵江戸の秘密展
食神さまの不思議なレストラン展

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

浮世絵から漫画を辿る!歌川国芳、河鍋暁斎から昭和初期の漫画雑誌までも「江戸からたどる マンガの旅」開催
マニアックすぎてワクワクすっぞ!江戸時代の絵画の"色材"にフォーカスした展覧会「色の博物誌」
すごい共演!伊藤若冲、横山大観などの縁起物だらけの展覧会「ゆかいな若冲・めでたい大観」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP