ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1Dナイル・ホーランがソロアルバム準備中、「曲は全部書き終えた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ナイル・ホーランはワン・ダイレクションが活動を休止しているなか、世界中を旅する合間にソロデビュー・アルバムの準備を行うなど、忙しい日々を送っているようだ。10月26日の『レイト×2ショーwith ジェームズ・コーデン』に出演したホーランは、自身の冒険話や1Dの活動から自由になるプラン、それに先月発表した「This Town」がおそらく初めて完璧に仕上げた曲だということを明かした。

 名前は明かさず「ごく最近プロデューサーが付いた」とするホーランは、「曲は全部書き終わって、それを全てまとめてくれるプロデューサーができたんだ。来月はずっとスタジオに缶詰めで、ボーカルやギターなんかを全てレコーディングする。できれば来年夏に発表したいと思っている」と話す。

 また、1Dが活動を休止してから何をしていたのか気になるところだが、ホーランはいとこ達と東南アジアをバックパック旅行していたそうだ。「信じられないような経験だったよ。ずっとやりたかったのに機会がなかった。……他のことをしていたからね」。オーストラリアからインドネシア、ベトナム、カンボジア、タイを旅したという一行は、五つ星以外の宿にも泊まったようで、「ひどい宿にもいくつか泊まったよ」とも明かした。

 なお、同番組の“Spill Your Guts or Fill Your Guts”(すべて吐くか飲むか)のコーナーでは女優のアイラ・フィッシャーと組み、「ワン・ダイレクションで一番苦手なメンバーは?」との質問には答えられず、罰としてサーモンのスムージーを飲む羽目になった。

 もちろん、ナイル・ホーランはこの後、昼間の『エレンの部屋』に続き同番組でも「This Town」を披露した。

関連記事リンク(外部サイト)

1Dのナイル・ホーラン、弾き語り披露で全米TVデビュー
ソロ・デビューを果たした、ナイル・ホーランが書いた1Dの名曲10選
ナイルの人間性が全面に出た、温かみのあるラブソング「ディス・タウン」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。