ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島みゆき、20年ぶりベスト盤とライブ映像&CD先行トレーラー同時公開! 「オトナタワー」にも登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日『中島みゆきは「時代」と「糸」だけじゃない!』のキャッチフレーズとともにリリースが発表された、自身20年ぶりのベストアルバム「中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』」と、最新コンサート『中島みゆき Concert「一会」(いちえ)2015~2016』の模様を収録したBlu-ray/DVD&ライブCDの試聴トレーラーが、10月28日(金)に同時公開された。

同ベスト盤は、中島が2000年以降に発表した全楽曲の中から12曲をピックアップ。オールタイムベストや2~3枚組での発売が主流の中、毎年作品をリリースしている現役アーティストだからこそできる、あえて1枚でのリリースとなっている。

キャッチどおり「時代」「糸」は収録されていないものの、NHK『紅白歌合戦』歌唱曲「地上の星」「麦の唄」、ドラマ「Dr.コトー診療所」(フジテレビ系)の主題歌「銀の龍の背に乗って」、ももいろクローバーZに提供しチャート1位を記録した「泣いてもいいんだよ」のセルフカバーバージョンもアルバム初収録された、話題満載の1枚に仕上がっている。このたび公開されたアルバム試聴トレーラーでは、「前だけを見る」「懐かしがらない」のテーマがこめられたタイトル『前途』のメッセージをいち早く感じることができるだろう。

また、同時発売の最新ライブ映像&ライブCDは、2015~2016年に東京と大阪で計15回開催され、約6万人を動員した最新コンサートの模様を収めたもの。「命の別名」「夜行」以外の18曲がコンサートとしては初の映像化ということで、ミリオンヒット曲「旅人のうた」「浅い眠り」、『紅白~』歌唱時を彷彿させるNHK連続テレビ小説『マッサン』の主題歌「麦の唄」など、見どころ満載だ。そして、同コンサートから12曲を厳選したライブCDは自身4枚目のライブアルバムということで、この試聴トレーラー映像からもライブ作品ならではの臨場感を感じることができるはずだ。

さらに中島は、タワーレコードによる大人のための音楽空間企画「オトナタワー」11月度プッシュ・アーティストにも決定。11月15日(火)よりタワーレコードおよびTOWER mini全店にて、特別な最新アーティスト写真を使った「コラボレーション・ポスター」が掲出されるほか、ベストアルバム『前途』購入者には先着で「オトナタワー」ポスターと同じデザインの「ポストカード」がプレゼントされるという。

また、ベストアルバム『前途』とコンサート「一会」の同時発売を記念したスペシャル店頭DAYも開催決定。今回は大阪での開催を含む3店舗となり、対象商品購入者にはここでしか貰えない貴重な賞品が抽選でプレゼントされるとのこと。いずれも詳細は商品特設サイトでチェックしよう。

【参照リンク】
・「中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』」特設サイト
http://www.yamahamusic.co.jp/miyuki_21st-best/

関連記事リンク(外部サイト)

日本人フードファイター、小林尊が「ヤギの丸焼き」18kgを12分間で平らげる 約100年間優勝できないシカゴ・カブスの「ヤギの呪い」を解く!
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
実録!米史上最大の汚職を招いたFBI捜査官とギャングの「秘密の協定」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載②】
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
スタローンも舌を巻いた!『クリード チャンプを継ぐ男』誕生の裏には監督の熱烈な「ロッキー」愛があった

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP