ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神戸人 最寄り駅に必ず「阪急」を付けるプライド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「オシャレでセレブな港街だが、選民意識が鼻につく」──そう言われがちなのが神戸である。出身を聞かれれば「兵庫」ではなく「神戸」と答える神戸人の方言についても他府県民からこんな苦言が呈される。

「神戸市民は『なにしとう(なにしている)』のように語尾に『とう』がつく神戸弁を話すが、これを『関西弁』とひとまとめにされると怒る」(奈良県・48歳男性)

 何かにつけて上から目線の神戸人を、大阪府民で、関西大学大学院の宮本勝浩教授はこう指摘する。

「『大阪は商人の街』『京都や奈良は古都』と認めつつも、神戸人は『他府県民よりも少し高級な所に住んでいる』という選民意識が強い」

 その“セレブ意識”は「高級百貨店やお洒落なブティックもある上品な大阪のキタ(梅田駅東側周辺)には来ても、たこ焼き屋が並ぶ大阪の下町らしいミナミ(難波駅周辺)には足を踏み入れない」(同前)という行動にも表われているという。

 大阪や京都だけではない。なんと、同じ神戸市民からも不満の声が寄せられた。

「おしゃれでセレブな『山手エリア』に住む人たちは“我らこそ神戸市民”だと自負しており、距離が離れている北区や西区は神戸市ではないと思っている」(神戸市北区・43歳男性)

 神戸市は中央区、灘区、須磨区など9つの行政区に分かれている。中でも六甲山麓の高台、三宮駅~岡本駅周辺の高級住宅街は「山手エリア」と呼ばれる。

 この地域を通る阪急神戸線の車両はセレブの象徴だ。栗色の車両は「阪急マルーン」という名で親しまれ、車内は木目調の落ち着いた雰囲気でレトロな高級感を漂わせる。

「山手エリアに住んでいることをアピールするために、最寄り駅を聞かれると、必ず『阪急』とつけて、『阪急六甲』『阪急御影』と答えるのが鼻につく。また最寄り駅を言っても『阪急の上? 下?』と聞くほど選民意識満々で頭にくる」(神戸市長田区・56歳男性)

 大阪~神戸間は山手エリアを阪急が通り、やや離れた場所をJRが、沿岸部を阪神ファンでごった返す阪神本線が、3路線平行に走っている。『神戸ルール』の著者でライターの大沢玲子氏はこう話す。

「高級住宅街を通る山手から海沿いに向かうほど車窓の風景は庶民的になっていく。そのため、3つの鉄道会社の線路は、『オシャレ&セレブの等高線』とも称されます」

 セレブ意識が強い一方で、山手エリアには意外な一面もある。

「六甲山に生息するイノシシがたまに出没することがある。ベンツの前をイノシシが横切るのは神戸くらい」(東灘区・45歳男性)

 神戸といえば灘に代表される酒どころとして有名だ。六甲山系の水を使う日本酒酒蔵が多く、水がきれいなことも神戸市民は自慢してくる。

「せやけど、神戸の水道水の8割は“近畿の水瓶”といわれる滋賀の琵琶湖と大阪・京都の淀川から引っ張ってきとる。素直に大阪、京都、滋賀に感謝しいや」(大阪府・52歳男性)

 指摘を受けても、神戸市民はそしらぬ顔。これもプライドの高さゆえか。

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
タイガースはワシらが支えとう 神戸人に関西からブーイング
和歌山県民 「パンダの繁殖よりトイレの近代化を…」と要望
宝くじ 1000万円以上の当選本数が増加したのは岩手や沖縄他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。