体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アップデートで今が始め時!?】イケメンリズムゲームレビュー『ドリフェス!』編[オタ女]

7

今や2次元、2.5次元男性アイドル戦国時代。もうどれだけイケメンアイドル増えるの? 誰を見ればいいの!? 状態。でもイケメンアイドルってやっぱり癒やされる……!

昨年から、イケメンアイドルたちが活躍するリズムゲームアプリも多数登場し、現在1周年や新章突入など区切りを迎えています。どんどんアップデートされ、イベントも充実。どれも曲がいいんですよね!

プレイしていなかった人も今が始め時かも! 放置していた人も戻ってくるチャンス!? それぞれのゲームの良いところ・気になる点まで紹介します。

今回は10月からTVアニメの放送もスタートした『ドリフェス!』。配信から半年近くが経ち、いろいろなシステムやイベント、キャラクターも追加! 現在ハロウィンイベント開催中。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/65422[リンク]

あえて人気声優じゃないところがイイ!

まず、メインのアイドルのDearDreamは、『ドリフェス!』のために現実でも結成された、2.5次元ユニット。キャラクターの声&作品に使用される歌を担当し、現実世界でも5人組のDearDreamとして活動しています。

11

声優さんではないのにシナリオ部分はフルボイス、という部分がサービス開始当初は賛否両論となっていました。

しかし! むしろこの「人気声優さんではない」ところがこの作品の大きな魅力。だって、声優さんのような艶のある声が出せる男子高校生ってクラスに何人いますか? これが普通の男の子の喋り方や声なのかなー、と感じます。また、若手俳優さんなので声の演技に不慣れですが、ニチアサの特撮ものの若手俳優を見ている感覚だと思えばすぐに受け入れられるのではないでしょうか。

そして、意外と一番違うところが歌声。声優さんが歌うリズムゲームに慣れていると、DearDreamの歌声が新鮮! すごくフレッシュ! これぞアイドル! という感じ!!

声優さんが歌う楽曲ももちろん素敵なのですが、キャラを演じながら歌われているので、アイドルという設定でも、どこかアニソン感が残っているんですね。今までアイドルと声優さんの歌声を比べたことがなかったので、『ドリフェス!』をプレイして一番の衝撃でした。印象がここまで違うんだな、と。

3次元の男性アイドルが好きな人は、「そうそう、これこれ!」と胸躍ることだと思います。

8

そしてまた歌がすごく耳に残る! 普通にカッコイイ、爽やかなキラキラソングも多いのですが、歌詞にストーリー性があり、ダンスも魅力的な歴年の王道アイドルソングといった趣きが楽しめます。アイドル好きにはたまりません。

また、プレイヤーはよくアイドルたちのそばにいるスタッフとなって活動を見守ることが多いですが、『ドリフェス!』は彼らの活動をドキュメント番組で見る、といった“あくまで応援する視聴者”目線であるところもいいです。恋愛要素を求めている人には少し物足りないかもしれません。

高音質&着せ替えが楽しめる

5 6

ゲームシステムは、集めるカードは衣装のみで、キャラクターを着せ替えてステータスを変化させる、というのも特徴的。男性版『アイカツ!』です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。