ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、AQUOS Xx3のアップデートを開始、256QAMへの対応を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 10 月 28 日、シャープ製 Android スマートフォン「AQUOS Xx3」のソフトウェアアップデートの配信を開始し、新たに始める 256QAM を導入した LTE サービスへの対応を実施しました。ソフトバンクはまず、東名阪エリアの一部で 256QAM を導入し、キャリアアグリゲーションの最大速度を下り 350Mbps に向上させます。AQUOS Xx3 もこれに対応する機種となっていますが、今回のアップデートを実施しないと対応できません。ソフトバンクはまた、今回のアップデートで稀にディスプレイに縦筋が入る現象を修正したほか、「E メール」専用アプリで返信すると稀に返信文に意図しない文が引用される現象の修正も行っています。アップデート後のソフトウェアビルドは「S0022」です。Source : ソフトバンク

■関連記事
PushbulletがGoogle Alloをサポート、PCでAlloのメッセージを閲覧し返信することが可能
Samsung SM-C7010はGalaxy C7の改良版か?
Sony Mobileの「スマートコネクト」アプリがAndroid Nougatを公式サポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP