体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アートな秋旅におすすめ!フォトジェニックな岡山・倉敷へ

アートな秋旅におすすめ!フォトジェニックな岡山・倉敷へ 倉敷

風が心地よく感じられ、虫の音も一層賑やかな今日この頃。涼しく、過ごしやすくなったこの季節には、遠くへお出かけしたくなりますよね。

今回、編集部がおすすめするのはフォトジェニックな光景がたくさん愉しめる岡山・倉敷です。

美観地区の絵になる風景をはじめ、美術館やミュージアムなど。岡山県産の新鮮フルーツを使用したパフェをレトロな空間で堪能したり…。

等身大の「アート」に出会える、岡山・倉敷に出かけてみませんか?女子旅やひとり旅にもぴったりですよ♪

倉敷へのアクセス

【電車で】JR岡山駅よりJR山陽本線で約15分のJR倉敷駅へ。駅よりエリア中心部へは徒歩約15分

【車で】岡山ICより山陽道で約15分、倉敷ICよりエリア中心部まで約15分

大原美術館

豊富なコレクションをじっくりと楽しんで。

大原美術館

倉敷美観地区のシンボル的存在でもある本館ファサード。秋には紅葉が美しい

大原美術館大原美術館

しっかり巡れば所要時間は3時間ほど。ショップもあり

倉敷の実業家・大原孫三郎が昭和5年(1930)に設立した私立の西洋美術館。本館には画家・児島虎次郎が収集した世界の名画が揃う。そのほか工芸・東洋館など4館で構成。 大原美術館

TEL/086-422-0005

住所/倉敷市中央1-1-15

営業時間/9時~17時(最終入館は16時30分)

定休日/月(祝の場合は営業)

料金/入館料1300円

アクセス/電車:JR倉敷駅より徒歩15分

車:山陽道倉敷ICより15分

駐車場/なし

「大原美術館」の詳細はこちら

生活デザインミュージアム倉敷

生活に密着したデザイン雑貨を提案。

生活デザインミュージアム倉敷

倉敷児島の老舗酒造「十八盛酒造」とのコラボ甘酒koji100は800円

生活デザインミュージアム倉敷生活デザインミュージアム倉敷

マスキングテープなどオリジナル商品が豊

マスキングテープ「mt」とのコラボ商品をはじめ、倉敷発の優れたデザイン雑貨や北欧雑貨などを中心に販売。カフェも併設し、食器や家具などを実際に使用してから購入もできる。 生活デザインミュージアム倉敷

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。