ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラジルの治安は?物価は?旅行前に押さえておくべき10のこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

地球最大の「生命の宝庫」アマゾンをはじめ、イグアスの滝やパンタナール湿原など多くの自然遺産を持ち、多種多様な文化が混ざりあっているブラジル。

サッカー大国としても知られ、サンバやボサノヴァなど音楽文化から、人々を熱狂させるリオのカーニバルまで、その魅力は計り知れません。そんなブラジルへこれから旅する予定の方に、是非押さえてほしいブラジルの治安や物価など基本情報をご紹介します!

 

1.物価

2016年10月現在(1レアル=約33円)、日本に比べて物価は安いです。パンや、水500mlがスーパーで1レアルほど、ビールは2レアルほど、ディナーは30レアルほど。また、ドミトリーは10〜30レアルほどです。

 

2.治安

治安は日本に比べるとかなり悪いです。以下のポイントを押さえて十分注意して旅して下さい。
危険な場所(ファベーラ)には近寄らない。
強盗にあった時のために、お金を入れた財布をいくつか持って行く。
暗くなってからの外出は特に注意する。
狙われやすいので、日本人観光客だとわからないようにする。
常に周囲に注意。特に両替所や銀行から出た後など。

 

3.気候・服装・旅行シーズン

photo by shutterstock

主に亜熱帯気候のブラジル。南半球なので日本と季節は逆になりますが、冬(6〜9月)以外は日本の夏服で過ごせます。

北部に行くなら暑さがしのげる冬、南部は温暖な春と秋がオススメです。またリオのカーニバルやビーチリゾートを楽しむなら2月。サッカー観戦なら5月〜12月がベストです。

 

4.通貨

ブラジルの通貨はレアル(R$)です。

1ブラジルレアル=33円(2016年10月)

 

5.ビザ

目的に関わらず、ビザは必要です。観光目的の滞在許可日数は、90日間。残存有効期間は6ヶ月以上のパスポート、往復航空券、住民票、写真、予約確認証、または貯金残高証明書を用意して、在日ブラジル総領事館に申請してください。

 

6.コンセント

110/127/220VでA型、C型
リオ・デ・ジャネイロ、サン・パウロ 110-220V/60Hz
サルヴァドール、マナウス 127V/60Hz
レシフェ、ブラジリア 220V/60Hz

 

7.インターネット

ブラジルは空港の他にもwifiスポットが普及していますが、まだまだ通信速度は日本より遅いのが実情です。ホテルでは使えるようですが、速度はホテル次第です。不安な方は海外WiFiルーターをレンタルして行くのがオススメです。

 

8.食事

photo by shutterstock

ブラジルを代表する美味しいお料理といえば「シュラスコ」!ブラジルのバーベキューのことで、串刺しにして焼いたお肉が次々と運ばれてきます。また、魚介料理の「ムケッカ」や、豆と肉を煮込んだ「フェイジョアーダ」もオススメです。モチモチのタピオカチーズパン「ポンデケージョ」も有名ですね。

 

9.観光スポット・世界遺産

photo by shutterstock

有名な観光スポットは、世界遺産でもある世界三大瀑布の一つであるイグアスの滝や、世界最大級のパンタナール湿原、コルコバードにそびえる巨大なキリスト像が有名なリオデジャネイロ、ユニークな都市計画の首都ブラジリア。また、白い大砂丘の絶景が美しいレンソイスも人気です。

 

10.イベント

photo by shutterstock

ブラジルのイベントといえば世界最大のお祭り「リオのカーニバル」です!毎年ブラジルでは夏に当たる2月に開催されます。情熱的なサンバのリズムや煌びやかなダンサーたちの踊りを体感してみませんか?

 

いかがでしたか?

現地では英語は通じにくいので、必要最低限の公用語(ポルトガル語)を少し勉強しながら行きましょう。また、ブラジルには非常に多くの観光スポットがありますので、短い期間で回るのは大変です。できれば長期休暇をとって、国内を巡るのがオススメですよ。

関連記事リンク(外部サイト)

2016年夏季オリンピックの開催地!「ブラジル」の世界遺産まとめ
鏡張りはウユニ塩湖だけじゃない!場所はアマゾン
「ブラジルビザ」の有効期間が3年に延長されます!
W杯現地観戦記!ブラジルでの最高の3週間をまとめてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP