体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「誰でも使いやすい」を実現した2つのシンプルモデル。開発の裏にある”徹底したお客さま目線”とは?

エンタメ

auが個性的な端末を出し続けるワケ

2016年夏、auは「大きく変わります」と宣言し、”期待を超える感動水準の価値提供”を目指してきた。

過去にも、特定のユーザー層に向けた個性的な端末を世に送り出している。『TIME & SPACE』ではこれまで、そういった端末に焦点をあて、その開発の舞台裏を探ってきた。

世界初「ハンドソープで洗えるスマホ」を実際に洗ってみた結果……!?

パパママ必見! 国内初”通話もできる”キッズウォッチ、その使い心地を親子でチェック!

海水や氷結にも負けない”最強スマホ”。その究極のタフネスの秘密とは?

いずれの端末も、それを求める人にはこのうえなく便利なものだ。なぜauはそういった個性的な端末の開発を続け、幅広いラインナップを揃えているのか? それはauが”お客さま体験価値向上”の取り組みのなかで、「すべてのお客さまに今までよりも、もっとコミュニケーションの喜びを感じてほしい」と考えているからだ。

今回は、そんな思いから開発された2端末、フィーチャーフォン「かんたんケータイ」とスマートフォン「BASIO2」に焦点を当て、その開発の背景を探ってみることにしよう。

【かんたんケータイ】目指したのは「取扱説明書を読まなくても操作できるわかりやすさ」

まずは「かんたんケータイ」について。これは主に親世代に向けて、「使いやすさ」「聞き取りやすさ」を重視して開発されたフィーチャーフォンだ。

2016年夏モデルのフィーチャーフォン「かんたんケータイ」

開発を担当したKDDIプロダクト企画部の高橋宏明と山海一哲によると、かんたんケータイの開発にあたってまず行ったのが、ユーザーの声を改めて聞き直すことだったという。

かんたんケータイの開発を担当した、プロダクト企画部の高橋宏明(左)と山海一哲(右)

「お客さまからのご要望でもっとも多いのが、取扱説明書がわかりづらいというものでした。お客さまはわからないことがあるから取扱説明書を読まれるわけですが、取扱説明書を読んでも理解できないというご意見がとても多いのが現実です。その改善策として、取扱説明書を改善することはもちろん大切ですが、それは本質ではありません。お客さまは別に取扱説明書を読みたいわけではなく、端末を自由に使いたいわけですから」(高橋)

1 2 3 4 5 6次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会