ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

橋本愛&宮崎あおいにとって「理想の母親像」とは? 『バースデーカード』娘・母役で初共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いまや日本を代表する実力派女優、橋本 愛と宮崎あおいが、まさかの娘・母役で初共演を果たしたことでも話題の『バースデーカード』が公開中だ。誕生日に毎年届く亡き母からの”バースデーカード”にまつわるドラマ(オリジナル脚本!)は、最愛の娘の成長を見守ることが出来ないことを悟った母の、ありったけの愛そのもので、その超感動作について、ご本人たちにインタビュー! 最後に、おふたりの理想の母親像についても聞いたよ!

――それぞれ演じられた役柄の印象について、イメージと違った点などはありましたか?

橋本:紀子は10代~25歳まで年齢に即した変化が求められた役柄だったので、あの土地で暮らす17歳のあどけなさ、弱さ、もろさなどが大人になっていくにつれて変わっていく、細かった芯がどんどん太くなっていく変容は、とても意識して演じました。

宮崎:芳恵は、子どもたちに弱みを見せないお母さんだなと思いました。自分が実際に演じた時もイメージに一切変わりはなく、完成した映画を観た時には、こんなに優しく話しかけていたんだなあと思いました。それは意識していなかったことですが、きっと子どもたちを前にすると自然とそういう声になるんでしょうね。

橋本:想像と違っていたことというか、わたしは女家族で育ったので、父と弟という正反対の家族構成で、男家族というものの中に女性が入る、その空間に飛び込んだ時、どういう反応が生まれるのかなあと。それは想像できなかったことではありましたね。

――初共演ですが、撮影は別々でしたよね。直接的には会わないけれど、お互いに通じ合う瞬間みたいなものは探しましたか?

橋本:母が遺した手紙を読むシーンがありますが、手紙には書いた人の字があって、いろいろと宿っているものでもあると思うので、そこにお母さんの息吹を感じました。お母さんは亡くなってはいるけれど、その存在は家族のなかにずっとあるもので、亡くなっても四人家族ということはずっと変わらないこと。それは、あの手紙があったからなんです。

宮崎:わたしの撮影は基本的に子どもたちと一緒でしたが、本読みの時に”紀子四代”がそろったんです(笑)。その時の印象が強くて、それが接点と言えば接点かもしれません。皆成長したら橋本さんになるだろうなあという感じで、とてもしっくりきたんです。だから、目の前の小さな紀子と接しながら、その先にいる橋本さんを見ていた気もします。

――観る人の心に宿るような作品ですが、こういう作品に参加して想うことは???

橋本:わたしはいつも映画を観てくださる人全員を感動させたいと思っているので、そのためにいろいろと努力をしましたが、座長として積極的にコミュニケーションを取るとか、撮影現場を和ませるとか、そういうことはあまりしなかったです(笑)。めまぐるしい撮影現場だったので、そこに巻き込まれないように、台風の目の中にいるように、ということを意識していたので、それがわたしなりに判断した自分の役割だったかなと思います。

宮崎:一度作品に入って関わることになったら、その作品を観ていただくために全力を尽くそうということはいつも思います。こういうキャンペーンの段階になれば、映画を観ていただくために皆で頑張るということだと思うので、その映画の良さをどのように伝えるか、ということに一生懸命になることが大切だと思います。

――特に今回は母親役だったので、後輩の見本に、ということも意識を???

宮崎:いえ、それはこれからの大きな課題です(笑)。今までは上の方に甘えていたけれど、年齢が下の方とお仕事する機会が多くなったので、30代を迎えての課題だと思っています。今はまだ年下の方と話す時に、敬語になってしまうんです。でも上の人が敬語だと、下の人もずっと敬語になる。そうすると、いつまでも距離が縮まらないんですよね。うまくコミュニケーションが取れるようになりたい。それが一番の課題です。

――最後にうかがいますが、理想の母親像について教えてください。

橋本:わたしがもし母親になるとしたら、一番の理想は無欲であること、です。子どものためなら何でもする、何を捨ててもいいと思う無欲であること。それが一番強い理想だと思っています。

宮崎:わたしは自分の母親が理想ですね。自分が子どもだった頃から、親の気持ちがわかるようになったいま特に思うことです。母はとても明るくて、誰とでも仲良くなるような人。わたしの友だちなのに実はわたしよりも、母の方が仲良くなっていることも多かった。そういう人を包み込み、優しさに満ちているような人になりたいなと思っています。

公開中

※「宮崎あおい」の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。


■『バースデーカード』公式サイト
birthdaycard-movie.jp

■フォトギャラリー
【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

関連記事リンク(外部サイト)

『ヒルナンデス!』MC・南原清隆の謎の強さをネットユーザーが分析 「スベってるだけなのに裏番組を倒す」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP