ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村治佳織、5年ぶり新作発売を記念してタワレコ渋谷で生演奏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

村治佳織が10月26日、東京・タワーレコード渋谷店でプレミア・ライヴを開催した。同日に発売されたアルバム「ラプソディー・ジャパン」を記念してのライヴ。多くの熱心なファンがタワーレコード渋谷店の7Fのフロアを埋め、立ち見も多数出て大盛況となり、5年ぶりの新作の発売をファンと祝った。

村治は「今日は早い時間から来て頂いた方もたくさんいらっしゃって、ありがとうございます」とファンを気遣い、「アルバム発売の記念の日にみなさんと時間を過ごせることをうれしく思います」と話した。

まずはアルバムから「コユンババ」(ドメニコーニ作曲)を演奏。そしてオリジナル楽曲の「バガモヨ〜タンザニアにて〜(村治佳織作曲)」を披露した。

アルバムの録音は2016年8月22日から25日にかけて、松本市音楽文化ホールで行われた。その際のエピソードとして、「松本のレコーディングでは、(セイジ・オザワ松本フェスティバルに出演中の)小澤征爾さんのベートーヴェン7番などを聴くことができました。以前はレコーディングの日にコンサートを聴くという余裕はなかった。今回は客席に座って楽しく過ごし、翌日も充実した気持ちで録音することができました」とのエピソードを語った。

アンコールではお馴染みの楽曲「花は咲く(菅野よう子作曲/小関佳宏編曲)を演奏し、大きな拍手を浴びた。同曲はアルバムにも収録されている。演奏後には観客と一緒に写真を撮影、近日スタートするインスタグラムに公開する予定。

関連リンク

村治佳織 レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/kaori-muraji/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP