ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビ放送作家が教える!モテない男子が合コンで注目される為の話術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏に恋が出来なかった人たちにとって、年末のビッグイベント「聖なる夜クリスマス」に向かい、合コンも増えてくるのでは? 「イケメンじゃないし…」と、合コンに対して後ろ向きな男性諸君!諦めるのはまだ早い!マイナビ調査によると、「イケメンじゃなくてもモテる人の特徴」の第一位は、「話が面白い(52.8%)」なんですって。

 


MORE(モア) 2015-02-27 発売号
Fujisan.co.jpより

 

そこで、「8時だよ!全員集合」(TBS系)をはじめとする、伝説の番組を多く手掛ける放送作家の原すすむさんに、女子の心をグッと掴む「合コンで使える話術」をお聞きしました。

 

昔は、合コンなんて敵がいる場所よりは、仕事場や飲み会の席など、日常の中でどれだけ相手を自分の虜にできるかが勝負でした。今、恋愛を含め、人付き合いの苦手な人は、自分本位の頭でっかちな人間が多い気がしますね。大事なのは、相手の気持ちを、どう自分に向かせるかでしょ。でも、それが出来ないとう男性諸君に、ちょっとした話術のコツを教えちゃいます!

 

1.自己紹介は、会話の種をまけ!

自分のアピールをしつつも、相手が会話に入りやすい形を作る。例えば、「趣味はコーヒー」と言いきりではなく、「休日は美味しいコーヒーを探すカフェ巡り」と、具体的に話せば、相手は、「お勧めのお店は?」「パンケーキの美味しいお店はある?」「お洒落な内装はどこ?」と、次々に質問が出るんです。

 

One wayで終わらずに自然と会話が続く。まずこれが初期段階でのポイント。

 

2.アピールは印象に残せ

まずは、誰よりも自分を印象付けることが大事。

 

名前、年齢、職業を言って終わりでは、何も爪痕を残せない。そこで有効なのが、自虐ネタ

 

例えば、自分の顔に自信がない人なら「誰もが振り返るほどのイケメンですが、今日は特殊メイクをしています」なんて、コンプレックスを先に相手に面白く伝えれば、相手の目を気にしなくてよくなりますし、場が和んでプラスに変わります。

 

ここで気を付けて欲しいのが、同じネタを使いまくる人!「天丼」と言って、お笑いの中でもボケが通用するのはだいたい3回まで。あまりやりすぎると、またかよ~と、うっとおしがられることもあります。そんな時に対応できるように、数パターン用意しておくと、笑いも途切れませんよ。

 

3.困ったときは「たちつてと」

「どんな話から始めればいいの?」「会話のネタに詰まった…」なんて時に有効なのが「たちつてと」。「たちつてと」とは何だ?と言う方に説明しますと

た…食べ物

流行りのお店だけでなく、その日何を食べたか、どんな食べ物が好きか? 普段料理はするのか?など、話題が広がりやすいテーマです。

ち…地元

お互いの出身地や、住んだことのある場所。自分と地元が同じだったということで話題に花が咲くこともありますし、旅行に行くなら、ここ! と、地元のディープな話も盛り上がりますよ。

つ…通勤

一般的な話に聞こえながら、これは結構攻めの会話。普段は、何線で通勤してるの? なんて、その線上にある駅周辺の話をしながら、相手がどの辺に住んでいるかを把握できます。もし、狙った子の路線が自分と違ったとしても、帰りの際に、自分から同じ線だと言い出せば、相手は疑うことなく、二人きりで帰えることも可能になります。

て…天気

春夏秋冬、365日使える話題の一つ。「今日は寒かったですね」だと、その一言で終わってしまいますが、そこで終わらせないのがポイント。「寒くなってきたから鍋とか食べたくなるよね」など、ほかの話題に繋げるきっかを作れるか作れないかが、合コンで相手の気持ちを掴めるかに関わってきます。

と…トレンド

ニュースも365日、情報が飛び交っているので、いつでも出せる話題の一つ。勿論重い話は避け、面白いニュースなどをネタに。他にも、服、お店、本などトレンドは沢山あります。何か相手のハマるものを見つければ、次回の約束も気軽にできますからね。

 

テレビの世界でも「自分の面白いではなく、視聴者が面白い」が基本。誰かと仲良くなるには、自分よりも相手を考えることが大事なんですね。

 

原すすむ

「8時だよ!全員集合」(TBS)「オールナイトフジ」(CX) 「平成教育委員会」(CX)「タモリの音楽は世界だ」(TX)「関口宏の東京フレンドパークII」(TBS)など、数々のヒット番組を手掛けている放送作家。現在は、番組を手掛けながら、『ピープスアカデミー』にて、放送作家クラスの講師を務めている。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP