体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『三ツ矢サイダーW(ダブル)』血糖値・血中中性脂肪が気になる人に飲んでほしいトクホのサイダー!

cr6_4069

食の欧米化が進み血糖値や血中中性脂肪が高い人が増加している。健康診断で指摘されたのにそのまま放置しておくと、糖尿病や心筋梗塞・脳卒中などの致命的な病気のリスクが上がるので、今すぐに生活習慣を改めるべきだと言いたいところだが、そう簡単に運動や食事制限を実行するのは難しいだろう。そんな生活習慣病予防に、いつものアサヒ「三ツ矢サイダー」をトクホの『三ツ矢サイダーW(ダブル)に変えてみてはいかがだろうか。

そもそもトクホって何だ?

 

よく耳にするトクホだが、正式名称は特定保健用食品と言って、消費者庁長官の許可を受け保健の効果を表示することのできる食品だ。

cr6_4046

他の食品と最大に違うポイントは、体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいるという点。血圧や血中コレステロールなどを正常に保つのを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つといった特定の保健効果を、国に科学的根拠を示し、有効性や安全性の審査を受け認可が下りた商品だけが、トクホの商品として売り出すことができる。ちなみに、この商品は実際にヒトで試験を行っているそう。そう言われればやはり自分も試してみたくなってしまう。

 

『三ツ矢サイダーW(ダブル)』の気になる機能は?

 

トクホの説明が終わったところで、三ツ矢サイダーW(ダブル)』(485ml・希望小売価格 税抜150円・2016年10月4日発売)の機能をご説明しよう。

 cr6_4043

1本あたり5gの食物繊維(難消化性デキストリン)を含んでいる『三ツ矢サイダーW(ダブル)』。難消化性デキストリンとは、一口で言ってしまえば、消化しにくいデンプンのこと。日本人の食生活が欧米化し、不足しがちな食物繊維を補う目的で人工的に合成されたもので、人の体に必要不可欠なミネラルの吸収が阻害されないため、さまざまな食品に応用されている。

 cr6_4055

食物繊維(難消化性デキストリン)の働きは様々であるが、『三ツ矢サイダーW(ダブル)』には、「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」、「食後の血糖値の上昇をおだやかにする」というW(ダブル)の効果があり、生活習慣病を予防してくれるのだそう。

 cr6_4049

そんな体によさそうな『三ツ矢サイダーW(ダブル)』だが、カロリーゼロ、保存料・着色料ゼロなのにも関わらず、「三ツ矢サイダー」ならではの良さは失われていないのだとか。「三ツ矢サイダー」は製造から130年間、水・香り・製造法にこだわり続け、幅広い世代に愛されている日本のサイダーなので、これは期待できそう。早速飲んでみることにしよう!

 

いつもの三ツ矢サイダーを飲んでいるかのような炭酸にすっきりした甘さ!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。