ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コラム】ハワイ生活~物価の高さにロコが納得する正当なワケ~

DATE:
  • ガジェット通信を≫


【ハワイ女子旅一か月】暮らすように滞在したハワイ旅行記

世界各国の好きな都市に転々と住むように旅しながら生きている私。現在はハワイには数ヵ月暮らしている。

幼少の頃から何度も行き来し、もう30回目くらいの渡航になるが、数ヵ月暮らすというのは初めての出来事。観光目的の旅行と暮らすのではやはりいろいろと違う。自分で住む家を探し、口座を開設し、日々自炊や洗濯などをしながら日々の生活をする。

そこで、今までのハワイ旅行ではあまり気に止めなかった、とある気づいたことがあった。

それは、物価が異常に高いことである。物価といっても、観光客用のレストランでの食事が高かったりするのは一般的なので理解できる。ハワイは大半が観光産業で成り立っているのだから。

しかし物価の高さはそれだけではない。日々の生活で利用するスーパーマーケットで買う食材が驚くほど高いのだ。

パパイヤは一個300〜400円。アボカドは小さなもので一個200円。レモンも一個200円ほど。グアカモレを作ろうと思いたち、アボカド3つにセールしていたトルティーヤチップス2袋、ライム2つを買ったら、軽く1400円を越えてしまった。

何故グアカモレを作るだけなのに1500円近くかかるの…!これなら外食したほうが、手間もかからないし良いのでは!? などと憤慨してしまう。

【ハワイ女子旅一か月】暮らすように滞在したハワイ旅行記

私は東京を始め、ニューヨーク、パリ、ロサンゼルスなど物価の高い国に一ヶ月以上部屋を借りてその土地に住む経験をしているが、こんなに自炊にお金がかかるのは初めてだ。

普段はキッチンつきアパートに暮らし、自炊をすることで生活コストを抑えていたのにそれができないのである。

またワイキキの物件は年々家賃が上がり、ワイキキの部屋は、プライベートルームなしの誰かと一部屋をシェアするスタイルでさえ、一部屋1ヶ月750〜800ドル以上はする。

ハワイ…生活コストが高すぎる!とハワイ生活を始めてそうそう嘆いていた。しかしある日、ハワイに住むロコの友人が物価に関するとある文をfacebookに投稿していたのを見て、妙に納得してしまった。

「ハワイって何でこんなに物価が高いの!ランチ時に買ったグアバドリンクが7ドル。グローサリーストアで買ったシンプルなプレートランチが15ドル。これだけで22ドルよ!一年前見つけたマウイ島のキャベツなんて9ドルもしたわね!

でもね、私たちはこの物価に納得しなきゃいけない。だってハワイのエンターテイメントは無料だもの!毎日すぐに行ける青い海や白い綺麗な砂浜はいつだって無料なんだから。」

【ハワイ女子旅一か月】暮らすように滞在したハワイ旅行記

確かに。確かにそうだ。

日本の都会に住んでいた時は、海に行くのでさえ往復1500円くらいの高い交通費がかかり、毎日のように気軽に行けるわけじゃない。

でもハワイはいつだって、好きなときに煌めくエメラルドグリーンのビーチへ行くことができるし、日々のサンセットはこの上なく美しい。毎日からっと晴れた晴天で、治安もよくパーフェクト!

豊かな自然が溢れ、ただハワイに生きているだけで人々は幸せに溢れているのだ。

だから、世界トップクラスを行く物価の高さに、ハワイに生きる人々は納得しているのかもしれない。どんなに物価が高くても家賃が高くても、そこに生きているだけで幸せなのだから。

◆文・写真:KANA
(旅フォトジャーナリストとして世界を飛び回る。世界のトップ旅メディアや企業と仕事するなどワールドワイドに活躍。多数のメディアに連載を持ち、ガイドブックやツアーの計画も手掛ける。主に世界各国の人々の生き方やライフスタイルについて執筆。BLOG「JETSET TRAVEL LIFE」 )

この旅の関連旅行記

*KANA「【ハワイ女子旅一か月】暮らすように滞在したハワイ旅行記
*KANA「ハワイ女子旅旅行記 カイルアタウンでビーチライフ1週間!前編
*KANA「ハワイ女子旅旅行記 カイルアタウンでビーチライフ1週間!中編

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP