ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平幹二朗さん 生前にささやかれた「あの噂」と結婚生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薄暗いバーのカウンターで2人の老人がロックグラスを傾けている。竜雷太(76才)演じる老建築士に向かって、和装の男性がこう語りかけて、破顔した。「お前が老いぼれになったんじゃねぇのか?」──。

 10月24日放送の月9ドラマ『カインとアベル』のラストシーン。和装の老人は、主人公・優(山田涼介)の祖父で、不動産会社会長の宗一郎を演じる平幹二朗(享年82)だ。これが名優の最後のセリフとなった。

《10月23日、高田宗一郎役の平幹二朗さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈りいたします》

 放送の冒頭では、そうメッセージが映し出された。

 平は広島市出身。父親とは1才になる前に死別し、母親は平が疎開中に被爆。高校生のときに名門俳優座の門を叩いた。40代で演出家の蜷川幸雄と出会うと、舞台俳優としての地位を確固たるものにし、1998年には紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受章した。

 今年5月に蜷川が死去した際には、蜷川の脚本から、「ぼくらはまた、近いうちに、再会する」というセリフを引用して弔辞を読んだ。それから半年も待たずの“再会”となってしまった。

「1970年に結婚した佐久間良子さん(77才)と1984年に離婚してから30年以上、独り暮らしを貫いてきました。多忙な中でも、掃除も洗濯も買い物も朝食の用意も全部1人でやっていた。朝食は和洋の2パターンを日替わりで。毎朝のストレッチも欠かさなかった。“細心の注意を払って日常生活を送ること”で、80才を超えても現役でいられたんでしょう」(平を知る関係者)

 独立した生活を送っていた平の異変に気づいたのは息子で俳優の平岳大(42才)。連絡が取れなくなったことを心配して23日に自宅を訪れたところ、風呂場で倒れているのを発見したという。

「壮絶な芝居をする名優でしたが、プライベートでもいろいろな話題を振りまきました」と言うのは芸能リポーターの石川敏男さんだ。佐久間との離婚会見では、「互いに仕事中心の生活になってしまった」というものの、子供がいてもなお別れを選んだ理由がはっきりしなかった。

「平さんには以前から、男性と手を繋いで歩いていたという目撃情報がかなりあったので“男性関係”について、記者たちは手を変え品を変えて質問しました」(石川さん)

 平は「ぼくは若い頃から、なぜかそう言われるんです」と受け流し、それでもしつこく尋ねられると「そういうことは、ぼくが答えるより彼女に聞いてみてください」と佐久間に振った。すると、佐久間はにっこり笑って「そういうことはまったくございませんよ」と否定して見せ、離婚するにせよ、息の合った夫婦のやり取りには、会場内が笑いに包まれた。

 それで一度は噂は収まった。ところが、2012年に佐久間は日経新聞の連載『私の履歴書』でこう綴って大きな波紋を呼んだ。

《夫婦となるとこちらが見たくないものまで見えてしまう。相手を十分に見極める時間が少なかったせいもあるだろう。「結婚してから初めて分かった」ということも少なくなかった》(2月19日付)

「それは平さんの“男性関係”をほのめかしたものだと受け止められました。それでも14年間結婚生活を続けたのは、子供の存在があったからでしょう」(石川さん)

 その離婚から17年後の2002年、舞台『鹿鳴館』で平と佐久間は離婚後初共演を果たす。そしてその舞台は長男のデビューでもあった。岳大は今年、NHKの大河ドラマ『真田丸』に武田勝頼役で出演して評判になった。

「岳大さんの『真田丸』での存在感ある演技に幹二朗さんを重ねて見ていた人は少なくありません」(前出・関係者)

 異形の名優の魂は、息子に受け継がれている。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
佐久間良子の『私の履歴書』で元夫の平幹二郎が新発見し驚く
秋葉原のカラオケ店 「モンハン」世界を再現した部屋も登場
カラオケ店のエヴァ・ルームで部下のハートをがっちり掴もう!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP