ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平 WBCで「先発・リリーフ・打者」の三刀流期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本シリーズ進出を決めたCSの対ソフトバンク戦、大谷翔平(22、日本ハム)はDHで先発し、3点リードの9回にマウンドへ。完璧なリリーフを見せて胴上げ投手となった。このシリーズで見せたような「先発・リリーフ・打者」という“三刀流”が世界を相手に見られるかもしれない。

 侍ジャパンの小久保裕紀・監督は10月18日、来月に行なわれる強化試合(10~13日、対メキシコ、オランダ)のメンバーを発表し、大谷を「打者」として起用することを明言した。その上で、本番となる来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、「投打ともに日本のトップクラスという認識なので、あとは本人ともしっかり話す」と、投手としても打者としても使っていく考えを示唆した。

 昨秋に開催された「プレミア12」で日本代表に選ばれた大谷は、2試合を投げて防御率0.00、21奪三振という見事な成績で、投手としてベストナインに選ばれているが、打席に立つ機会はなかった。

「小久保監督はこれまで、打者・大谷の能力を評価しつつも、負担が大きい二刀流での起用については“日本ハムと話さないといけない問題”だとして踏み込めずにいた。それが今回は、“栗山監督ともしっかり話している”という。すでにゴーサインが出ているのでしょう」(担当記者)

 WBCで大谷を先発投手としてだけでなく、「DHで先発→中継ぎ/抑え」というかたちでも起用する“三刀流”の可能性があるとみられている。侍ジャパンの投手コーチ・権藤博氏が早い段階から、「クローザー・大谷」の可能性を示唆していたのである。

「WBCでは球数制限があるので、必然的に中継ぎやリリーフの役割が大きくなる。今回、選ばれたメンバーでは中崎翔太(24、広島)、山崎康晃(24、DeNA)、秋吉亮(27、ヤクルト)が抑え専門だが、権藤コーチはこの春から“(次のWBCの)抑えは大谷でどうかと考えている”と発言して話題になっていました」(スポーツ紙記者)

 昨秋のプレミア12の準決勝・韓国戦では、先発・大谷が7回を1安打無失点と完璧な仕事をしたものの、救援陣が総崩れして9回に3点差をひっくり返された。

「その悪夢が念頭にあってか、権藤コーチは“抑えを誰にするか。考えているのはそこだけ”“三振が取れるピッチャーでないといけない”といった発言を繰り返しています」(同前)

 たしかに、ソフトバンクとのCS第5戦の9回、大谷がマウンドに上がっただけで相手ベンチにも“諦めムード”が漂った。その圧倒的な存在感が侍ジャパンでも再現されるのか。権藤氏に直接聞いた。

「CSで抑えとして完璧な仕事をしたのを見て、大谷はオールマイティだと改めてわかった。素晴らしいです。私は、“クローザーとして使える”という確信を持ちましたよ。今季に限れば、12球団の日本人抑え投手を見渡してもピリッとしたのがいなかった。まだ決まっていませんが、大谷は有力候補のひとりです」

 予選では先発投手、決勝トーナメントに入ってからは完璧な火消し役、そしてDHとして打席に入る──そんな“大谷祭り”のWBCになるのか。あとは小久保監督の決断しだいだ。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
今季日ハム優勝で大谷翔平は田中将大を超える伝説を残す
大谷翔平の二刀流 否定派も「認めざるを得ない。凄い」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。