ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国は在日韓国人をいじめながら「金づる」として利用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1950年代初頭の朝鮮戦争によって壊滅的な打撃を受けた韓国は、1960年代から1970年代にかけ「漢江の奇跡」と呼ばれる高度経済成長を遂げた。目覚ましい発展の裏には、他ならぬ「在日」からの援助や投資が大きく寄与したと言われる。だが、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏は「韓国はそんな同胞を蔑み、利用し続けてきた」と語る。

 * * *
 ソウルでの友人に、在日韓国人出身の徐相雲という男がいた。わりと近年、知り合ったのだが昨年秋、自宅の階段でころび、打ちどころが悪くて急死した。筆者より年下でまだ60代だった。葬儀に出かけたが、親族や弔問客も少なく寂しいものだった。夫人と息子にお悔やみを述べ、たった二人の在日系弔問客と思い出話を交わした。

 彼は在日韓国人の実業家として知られた故・徐甲虎氏(1915─1976年、日本名・阪本栄一。別表参照)の息子の一人だった。晩年は尾羽打ち枯らした暮らしぶりだったが、祖国・韓国に対する父の貢献、功績を記録に残そうと奔走した。

 東京・南麻布の一等地にある約3千坪の広大な韓国大使館の敷地は、実は1960年代の初めに、父・徐甲虎氏が韓国政府に寄贈したものだった。韓国大使館は2013年、老朽化のため建て替えられたが、その際、館の一階に彼の功績を称える資料室が作られ、その胸像も設置された。息子・徐相雲をはじめ在日韓国人のアピールの結果である。

 徐甲虎氏は戦後、大阪で「阪本紡績」を創業し、大阪の長者番付でトップになったこともある在日の代表的成功者だった。1960年代に韓国に「邦林紡績」を作るなど「邦林財閥」を形成し、その対韓投資額は280億円に及んだ(「東洋経済日報」2009年7月3日付、永野慎一郎「韓国経済発展への在日韓国人の寄与」から)。

 忘れられた在日の祖国への貢献の一端が、半世紀ぶりにやっと在日韓国大使館の片隅に刻まれたのだ。

 韓国がまだ貧しかった1960年代から1970年代にかけ、在日韓国人の本国への寄与については確かな記録がない。在日たちの記憶によると正式な投資や寄贈のほか、いわゆるハンドキャリーで持ち込まれた外貨は相当な額に上るという。

 資金だけではない。機械、資材、技術、情報、経営ノウハウ……新たな“メイド・イン・ジャパン”が在日を通じ韓国社会にもたらされた。日本で苦労して貧しさを克服した在日たちの「貧しい親戚、貧しい故郷、貧しい祖国を豊かにしたい」との一念からだった。

 在日は韓国では「金持ち」として人気があった。大いに持てはやされ、たかられた。騙された者も多い。

 ところが一方で、1970年代には“在日韓国人スパイ事件”が多発した。北朝鮮による日本経由の対韓スパイ工作が背景だが、韓国当局は本国にやってきた留学生など在日韓国人に警戒の目を光らせ、過酷な検挙で多くの犠牲者が出た。

 1974年に起きた在日韓国人青年、文世光による朴正熙大統領暗殺未遂(夫人が死亡)は、こうした政治的犠牲を加速させた。在日は経済的に“打ち出の小槌”の“金づる”であったが、政治的には南北対立のスケープゴートにされたのだ。いずれも祖国に“利用”されたことになる。

 在日の“利用”という意味では北朝鮮の方がひどいかもしれない。1950─1970年代に“祖国帰還”した10万人近い在日は、「夢のような社会主義祖国の発展」という虚偽宣伝に利用されたうえ、なけなしの財産と労働力と人権を奪い取られ「動揺階層」として差別、監視されてきた。朝鮮総連など北朝鮮系の在日もまた、これまで“金日成・正日・正恩王家”を経済的に支えるとともに、対外宣伝工作のスピーカーとして政治的に利用され続けた。

※SAPIO2016年11月号

【関連記事】
KARA、少女時代、キム・ヨナを通じて日韓の違いを理解する
李忠成 韓国代表候補合宿で疎外感を抱き日本帰化へ傾いた
在日コリアン 祖国でも彼らに対する差別が厳然と存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP