ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加山雄三の限りない好奇心 油絵、陶芸、書道、ゲームまで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上原謙と小桜葉子の俳優夫婦の間に生まれた加山雄三(79)は、「若大将」シリーズをはじめ、黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』に出演するなど、若くして銀幕のスターとなった。しかし、近年「俳優・加山雄三」を見かけることがない。

「僕は、人生そのものを演じていると思って生きてきました。今、自分の人生を演じるためにメインにしているのは、大好きな音楽であり、絵を描くことなんです」(加山、以下「」内同)

 そんな加山の目下のお気に入りのドラマは、『ドクターX~外科医・大門未知子』と『相棒』。毎回欠かさず番組を録画するほどのファンだという。日々好きなことに没頭する毎日。順風満帆に見える人生だが、暗い過去もある。小学生の頃に辛い時期があったというのだ。

「破れたズボンを穿いた子供たちが、テニスの軟球を使って竹バットで野球をしていた時代に、僕はとても恵まれた環境にいました。いつも身綺麗にしているから周囲から浮いてしまって、いつの間にか仲間外れに。教室にひとり残って、ノートの端に絵を描いているような子供でした」

 今年、画業20周年を迎える加山の絵の原点は、子供の頃に描いた同級生の似顔絵だった。

 ある日のこと、暇つぶしに似顔絵を描いていると、その出来栄えが評判になり頼まれるようになった。いじめられっ子は、一転して行列のできる似顔絵画家になった。その後、音楽にのめり込んだり、大好きな海を渡るべく船の設計図を書き始めたりと、旺盛な好奇心は留まるところを知らない。

「谷村新司さんに教わった陶芸や、気持ちが落ち着くので書道も続けています。料理も大好きで、レパートリーは200種類以上。ゲームは『バイオハザード』や『ファイナルファンタジー』『鬼武者』あたりを夜中までやっています。

 携帯もスマホに替えましたし、好奇心が旺盛で新しいものが大好き。しかも、全部極めたい情熱を抑えることができない性分。これだけは昔からずっと一貫していますね」

●かやま・ゆうぞう/1937年、神奈川県横浜市出身。1960年に映画『男対男』でデビュー。翌年、若大将シリーズ第1弾『大学の若大将』に主演。1962年、黒澤明監督『椿三十郎』、1965年同『赤ひげ』に出演。同年リリースの『君といつまでも』がレコード大賞特別賞を受賞。2014年に結成したTHE King ALL STARSでフジロックフェスティバルに出演。今年、画業20周年を迎えた。「画業20周年記念 加山雄三アートの世界展」が10月27~30日/大丸心斎橋店北館14階イベントホール、11月23~28日/高島屋日本橋店8階特設会場で開催される。

■取材・文/小野雅彦 ■写真/加山プロモーション

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
加山雄三 「僕は若大将になるために生まれてきたんだ」と述懐
加山雄三 3日連続ステージの翌日に8時間クルージング
NHK紅白歌合戦珍事件 加山雄三の「仮面ライダー事件」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP