ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナポリタンの名店「うまい、安い、早い、多いが大事」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 懐かしいけど新しいケチャップ味の幸福──それが哀愁の「ナポリタン」だ。ここでは東京のナポリタンの名店を2店紹介しよう。

●さぼうる2──神保町

 喫茶店のナポリタンなら必ず名前が挙がる有名店。1983年から提供しており、長年のファンも多い。太麺にケチャップベースのソースとベーコンのいい香りがからむ。小さな皿の上に盛り上げるスタイルも特徴的だ。

 フォークですくうと皿からこぼれ落ちそうになり、おっとっとと手で受け止めてしまう。それも楽しい。「うまい、安い、早い、そして多いが大事」と店主の鈴木文雄さん。落ち着いた雰囲気も同店の魅力だ。夜には隣の「さぼうる」(本店)でも酒のおともとして味わえる(大皿で800円)。

【住所】東京都千代田区神田神保町1-11

●はやしや──新宿

「新宿の大衆食堂」を自任する同店の豊富なメニューの中でもナポリタンの売り上げは常に3位以内。こだわりは麺のコシで、半茹でしておいた麺を注文に応じて煮るように炒めて作る。

 ケチャップにホールトマトから作った独自のソースを加えるものの、基本から逸脱しない。「“これが食べたかった”と言われる味を守っています」と小林幸雄店長。あっさり系だがしっかり懐かしい味だ。

【住所】東京都新宿区新宿3-22-12 新宿サンパークビル5F

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
ナポリタン 一時は存在危うくなるもイベント開催などで人気
クリス松村お薦めナポリタン 3時間煮込んだブイヨン使用
昭和54年開業 スーパーの食材で作る深夜食堂の甘うまナポリタン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP