ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食料を培養し、七日間で収穫できる小型ポッド(植物限定)。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この画像は、ベリーとベリーの細胞を培養したものだ。作物を育てるのではなく、植物の細胞を育てて食べものをつくる。そんなアイデアが注目されている。

フィンランドにある「VTT Technical Research Centre of Finland Ltd」で開発された、セルポッドと呼ばれる道具が実用化されれば、キッチンで、誰でも、簡単に、食べものを生み出せるようになる。

収穫までわずか一週間ほど。
栄養素もバッチリ!

Photo by VTTPhoto by VTT

細胞培養で作られているため、見た目はつぶつぶ。果実の中身そのものといった感じだ。タンパク質や食物繊維、抗酸化物質、ビタミンなどの栄養素もすべて作物と同様に含まれている。“タネ”さえあれば、ほかの植物も培養できる。いまのところ、ちょっと味が薄くできあがるみたいだ。

自宅で野菜を栽培できるキットはしばしば話題になるけど、これはもう一歩踏み込んだ技術といった印象。仕組み自体は昔からあるもので、収穫までの時間が劇的に短くなった。

未だ査読が済んでいない研究成果とは言え、ベジタリアンミート(植物性の肉もどき)と同様に、新しい食材として話題になる日はそう遠くないかもしれない。自宅で食料を培養するだなんて、すごい時代だなあとしみじみ思ってしまう技術である。Licensed material used with permission by VTT’s CellPod

関連記事リンク(外部サイト)

食べてみたい?海外で独特の進化を遂げたクールな「SUSHI」
細菌を培養して描く「バクテリアアート」
夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP