ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今が食べドキ!絶品♪秋の旨いもん6選【宮城県】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋が深まり、いよいよ「食欲の秋」が到来です。

お米、野菜、果物など、宮城には旨い食材が山ほどありますが、今回は、宮城県沿岸で楽しめる秋の魚介グルメをどどーんとご紹介します。

特に品質のいいものを選び抜いたブランドマグロ「三陸塩竈ひがしもの」、丸々と太り脂の乗りのいいものだけが認定される石巻の「金華さば」、気仙沼の秋の味覚の代表格「サンマ」まで、思わず舌鼓を打ってしまうことまちがいなし!

おなかも心も満たされる旅へ、いざ、出かけましょう!

1.塩釜水産物仲卸市場 マイ海鮮丼コーナー【塩竈市】

ブランドマグロをのせて豪華マイ海鮮丼のできあがり!

三陸塩竈 ひがしもの

マイ海鮮丼/ごはんセット300円+具材(時価)

好みの具をのせて楽しもう。具はグループでシェアするとお得。丼の写真はイメージ

程よく脂がのり、上品な味わい。まろやかな口当たりも特徴

三陸東沖で獲れた天然の生メバチマグロから、仲買人が「鮮度」「色つや」「脂のり」「旨み」をすべて兼ね備えたものを厳選。厳しい基準をクリアしたメバチマグロのみ「三陸塩竈ひがしもの」と名乗ることができる。塩釜水産物仲卸市場には販売店があり、さらには購入した魚をごはんにのせて食べることもできる。三陸塩竈ひがしものをのせた丼は秋冬だけのお楽しみだ。

ご当地で食べるワケ

稀少な高品質マグロ「三陸塩竈ひがしもの」を味わえるのは、日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る塩竈市ならでは!

塩釜水産物仲卸市場 マイ海鮮丼コーナー

TEL/022-367-1622

住所/塩竈市新浜町1-20-74

営業時間/7時30分~12時(土日祝は~13時)

定休日/水(市場開場日に準ずる)

アクセス/三陸道利府中ICより15分

駐車場/500台

「塩釜水産物仲卸市場 マイ海鮮丼コーナー」の詳細はこちら

2.松島さかな市場 焼がきハウス【松島町】

濃厚な味わいに手が止まらない!ジューシーなカキを存分に。

カキ

焼がき食べ放題(45分)2000円

スタッフがスコップで殻付きカキを運んでくる。豪快に盛られる様子は圧巻

ナイフを使い、自分で殻をむく。ポン酢やレモンをかけてもいい

10~3月に食べ頃を迎える松島名物のカキ。松島湾で育ったカキは小ぶりで、身が締まっているのが特徴だ。思う存分味わいたいなら、カキ小屋がおすすめ。松島さかな市場にあるカキ小屋「焼がきハウス」では、45分間、好きな分だけ食べることができる。鉄板で蒸し焼きにしたカキは、ふっくらとしていて、ジューシー。濃厚な味わいで、磯の香りもたっぷり。手が止まらなくなる旨さだ。

ご当地で食べるワケ

リーズナブルに好きな分だけ食べられるのは、カキの産地ならでは。平均30個程度だが、100個以上食べる人もいるそう。

松島さかな市場 焼がきハウス

TEL/022-353-2318

住所/宮城郡松島町松島普賢堂4-10

営業時間/8時30分~16時(松島さかな市場は8時~17時)

定休日/なし

アクセス/三陸道松島海岸ICより10分

駐車場/80台

「松島さかな市場 焼がきハウス」の詳細はこちら

3.寿司・割烹 竹乃浦(飛翔閣)【石巻市】

丸々太った新鮮なサバは脂のりも風味もバツグン!

金華さば

金華丼/3000円

しっとりした食感の金華しめサバ(850円)

特選金華にぎり(8カン2000円)も人気

「金華さば」は金華山沖で獲れ、石巻港に揚がった大型マサバをいう。大きければ大きいほどおいしいといわれるサバ。丸く太った大きな金華さばは、たっぷりのった脂とコクのある旨みが醍醐味だ。この時期は、ご当地丼「石巻特選・金華丼」にも登場。近海産の魚介がてんこ盛りの丼だが、新鮮な金華さばは圧倒的な存在感を放つ。

ご当地で食べるワケ

豊かな漁場で知られる金華山沖が近くにある石巻はサバのほか、銀ザケやカツオも有名。一度に楽しむなら丼で贅沢に!

寿司・割烹 竹乃浦(飛翔閣)

TEL/0120-39-8448

住所/石巻市山下町1-19-6

営業時間/11時~LO14時30分、16時30分~LO20時30分

定休日/なし

アクセス/三陸道石巻河南ICより10分

駐車場/60台

「寿司・割烹 竹乃浦(飛翔閣)」の詳細はこちら

4.季節料理 志のや【南三陸町】

メインはカツオの背トロ!秋しか出合えないご当地丼。

カツオ

南三陸キラキラ秋旨丼2000円(写真提供:南三陸町観光協会)

看板メニューの海鮮丼(2000円)もおすすめ

南三陸さんさん商店街にある人気和食店

春の「初ガツオ」とは違い、たっぷりと蓄えた脂が特徴の「戻りガツオ」。なかでも、秋に三陸沖で獲れるカツオはファンが多い逸品だ。志のやの「南三陸キラキラ秋旨丼」は、南三陸産のカツオがメインを飾る。厚切りにしたカツオのほか、蒸しウニ、メカブ、長イモなどもトッピング。人気のご当地丼を食べて、南三陸の秋を感じよう。

ご当地で食べるワケ

志のやでは特に脂のりのいい「背トロ」を使う。「マグロのトロよりやわらかい」と店主の高橋さんもイチオシだ。

季節料理 志のや

TEL/0226-47-1688

住所/本吉郡南三陸町志津川御前下59-1

営業時間/11時~LO13時50分、17時~LO20時30分

定休日/火曜夜・水

アクセス/三陸道三滝堂ICより15分

駐車場/100台

「季節料理 志のや」の詳細はこちら

5.お魚いちば おかせい【女川町】

丼を覆う大きなホタテ!噛むほどに広がる旨みと甘み。

ホタテ

生ほたて丼1000円

鮮魚売り場も併設。ホタテは1枚200円程度

海を目の前に望む店。寿司や丼など種類豊富な海鮮料理が揃う

栄養豊富でミネラルたっぷりの女川の海は、ホタテやカキなど貝の養殖に最適な漁場だ。女川のホタテは、貝柱が大きいのが自慢。ホタテは、貝柱が大きいほど旨みが強く、おいしいという。おかせいの「生ほたて丼」に使われているホタテも身が大きく、プリッと肉厚。丼に7個もの新鮮なホタテが盛られ、お得感たっぷりだ。噛むほどにホタテの甘みが広がり、箸が進むおいしさ。

ご当地で食べるワケ

味も食感もピカイチの獲れたてホタテは食べ応え十分。そのホタテを手頃な値段で味わえるのは産地だからこそ。

お魚いちば おかせい

TEL/0225-53-2739

住所/牡鹿郡女川町小乗浜小乗115

営業時間/11時~LO15時30分(鮮魚売り場は8時~17時)

定休日/水

アクセス/三陸道石巻女川ICより30分

駐車場/40台 ※2016年12月女川駅前に移転予定

「お魚いちば おかせい」の詳細はこちら

6.気仙沼お魚いちば レストラン鮮【気仙沼市】

脂たっぷりの新鮮サンマを塩焼き、刺身で食べ尽くす!

サンマ

さんまづくし定食1620円 ※9月上旬~11月上旬販売

気仙沼産サンマを使った「あぶりさんま」(2枚入り329円)はおみやげに

お魚いちばでは鮮魚や水産加工品などを販売。ショッピングも楽しめる

サンマの水揚げ風景は、気仙沼の秋の風物詩。この時期になると、気仙沼市魚市場にサンマがどんどんやってくる。その魚市場のそばに立つレストラン鮮にも、この時期はサンマ料理がお目見え。なかでも、サンマの刺身や塩焼き、甘露煮、つみれ汁がセットになった「さんまづくし定食」が人気だ。入荷状況によって提供しない日もあるので、確認してから出かけるのがおすすめ。

ご当地で食べるワケ

多彩なサンマ料理を一度に味わえるのは気仙沼ならでは。鮮度の良さがわかる刺身などでその旨さを堪能しよう。

気仙沼お魚いちば レストラン鮮

TEL/0226-29-6233

住所/気仙沼市港町2-13

営業時間/10時~LO20時30分

定休日/なし

アクセス/東北道一関ICより1時間15分

駐車場/100台

「気仙沼お魚いちば レストラン鮮」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

8つの泉質でお悩み解決!鳴子温泉で湯めぐり三昧【宮城】
大切な人とゆっくり絆を深めたい♪庭園を愛でるおすすめ宿【全国】
人気加速中!大注目の「グランピング」で贅沢大人キャンプを満喫♪【関東】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP