ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィルクハーン × 福岡・NEST! 北欧ヴィンテージ家具とドイツ最新ワークチェアの斬新なミックス展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kvadrat社ファブリック張りの特別な「ON」も

2016年10月24日(月)から11月7日(月)まで、東京・表参道のWilkhahn Forum Tokyo(ウィルクハーン・フォーラム・トウキョウ)にて、「NEST in Wilkhahn」が開催されています。

ドイツの家具メーカー・Wilkhahn(ウィルクハーン)と、福岡・薬院の北欧ヴィンテージ家具ショップ・NEST(ネスト)とのコラボレーション展示。

北欧とドイツ、ヴィンテージとモダン、そして、住宅とワーキングチェア。それぞれインテリアやデザインを語る上で欠かせない要素でありながら、交わることが少なかった組み合わせにすることで、お互いの新たな魅力を引き出したいというアイディアから今回の企画が誕生したそう。

見所は、Wilkhahnのワーキングチェアが、NESTが扱うヴィンテージファニチャーとどのようなハーモニーを奏でるか。中でも、現在は稀少材となったローズウッドのデスクに、最新のワーキングチェア「IN」と「ON」をあわせた2つのシーンは新鮮です。

また、本展のために製作された特別モデルとして、デンマークのテキスタイルブランド・Kvadrat(クヴァドラ)社の「RAF SIMONS COLLECTION」からセレクトしたファブリックを張り地に使った仕様のワーキングチェア「ON」が登場します。

通常は事前予約が必要なWilkhahn Forum Tokyoですが、会期中は事前予約が不要。無休・営業時間を延長してオープンしています。

会場のWilkhahn Forum Tokyo。

今回の企画展示のために特別に製作された、Kvadrat(クヴァドラ)社の「RAF SIMONS COLLECTION」からセレクトしたファブリックを張り地に使った「ON」(画像はイメージ)。

Wilkhahnのアイコン的存在の「IN」。カジュアルでスポーティなルックスがヴィンテージ家具とどのように組み合わされるのか注目です。

NEST in Wilkhahn

会期:2016年10月24日(月)~11月7日(月)

※会期中は無休、12:00~19:00に営業時間変更

会場:Wilkhahn Forum Tokyo

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

お気に入りが買える作品展イベント、代官山「DDD」今秋も開催
約20名の作家による手仕事品が集う「はし置きとまめ皿」展、東京・京都で開催
アルフレックスのA・SOFAが鹿児島睦とコラボ!発売30周年企画の第4弾

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。