体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お気に入りが買える作品展イベント、代官山「DDD」今秋も開催

生活・趣味
ddd2016_01

今年のテーマは「代官山の家」

2016年10月28日(金)から11月18日(金)までの3週間、東京・代官山の代官山 蔦屋書店にて、Daikanyama Design Department 2016」が開催されます。

今年で4回目となる毎年秋の恒例デザインイベント。代官山 蔦屋書店の全館に並ぶ作品のほとんどを購入することができる「お気に入りデザインが買える作品展」であるのが特徴です。

今回は「代官山の家」をテーマに、蔦屋書店の本のコンシェルジュが「居心地のいい家に必要なデザイン」を提案します。各フロアに15個ほどの個性的な家が登場し、本と合わせて展示を楽しむことができます。

登場する家は、クリエイティブユニット・SPREADによるインテリア用テープ「HARU stuck-on design」を使った「色を貼る家」や、トラフ建築設計事務所による「空気の家」、キッズフロアで展示されるアートディレクター・森本千絵氏による「テーラーの家」、プラントハンター・西畠清順氏が暮らす家をイメージした「緑の書斎がある家」など、注目のクリエイターによるものばかり。

会期中には関連トークイベントも実施されますので、日時についてはイベント詳細をご確認のうえご参加を。蔦屋書店ならではのイベントで、読書とデザインの秋を堪能ください。

ddd2016_02 左:アートフロアの「フレームのある家」では、11人のアーティストがフレームを選び、その中に「家」をテーマにしたアートを制作。

右:デザインフロアで展開される「家族になる家」では、アートディレクター・白本由佳氏がデザインした「efuca.」のブライダルギフトブランドがスタート。

Daikanyama Design Department 2016

会期:2016年10月28日(金)~11月18日(金) 7:00~翌2:00(2Fは9:00~)

会場:代官山 蔦屋書店/東京都渋谷区猿楽町17−5

詳細:http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/08/daikanyama-design-department-2016.html

アートフロア・フレームのある家 参加アーティスト(50音順):

安野谷昌穂(アーティスト) / edenworks(フラワーショッブ) / 川上シュン(アートディレクター・デザイナー) / 河村康輔(アーティスト) / 危口統之(現代美術作家) / 坂口恭平(建築家) / 塩川いずみ( イラストレーター) / 西山徹(デザイナー) / ハービー山口(写真家) / 三宅瑠人(イラストレーター) / 横山裕一(現代美術作家)

Writing:Akiko Okawa

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会