ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピルバーグらが魅力を語る!三船敏郎のドキュメンタリー「Mifune: The last Samurai 」予告編が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

黒澤明監督とのタッグで数々の名作を作り出した名優・三船敏郎のドキュメンタリー映画「Mifune: The Last Samurai」の公式予告編が公開されました。

破天荒ぶりも魅力の三船敏郎の人物像、黒澤明監督とのタッグで作り出した16本の名作について、三船をよく知る人物たちへのインタビューが収められた、侍魂溢れるドキュメンタリー映画です。メガホンをとったのはアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞のスティーブン・オカザキ監督。ナレーションはハリウッドスターのキアヌ・リーブスが務めます。

三船敏郎からインスパイアされたというスティーブン・スピルバーグ監督、マーティン・スコセッシ監督らが、三船敏郎の魅力について語ります。トレイラーには司葉子、土屋嘉男、役所広司らも登場。ポスターには香川京子、加藤武、八千草薫、野上照代ら、日本映画界を代表する名優たちの名も連なっています。

三船敏郎と黒澤監督の作った16本の映画がなければ、西部劇の名作「荒野の七人」も、クリント・イーストウッドの「荒野の用心棒」も、スピルバーグ監督の「スター・ウォーズ」も生まれませんでした。

世界的な名作に大きな影響を与えた彼らの業績は、世代も洋の東西をも超越して私達を魅了します。このカッコよさは、「ミフネ」も「クロサワ」も知らない若い世代にもぜひとも知ってもらいたい!

現在は、世界中のフィルム・フェスティバルのみで上映されている本作品。公開日時はまだ決まっていませんが、三船ファンはもちろんのこと、ファンならずとも全編上映が待ちきれませんね!

Source:GIZMODOGeekTyrant

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

氷上の王子、殿になる!羽生結弦さんが映画初出演でチョンマゲ姿に挑戦
鉄腕アトムがハリウッドで実写化?!ワーナー・ブラザースが実写化に向け手塚プロダクションと交渉中
羽生結弦のチョンマゲ演技姿も!阿部サダヲ主演「殿、利息でござる!」本予告映像が解禁でござる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP