ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日5食でやせるワケとは?メリハリボディのつくり方

DATE:
  • ガジェット通信を≫


食べたい!けど、やせたい・・・!そんな場合は、食べてやせる、を選びましょう♪今回は、1日5食に食べ分けてやせる、“食べる”ダイエット法に迫ります。

1日5食でやせる理由は・・・?

1日5食も食べたら、太ってしまうのでは?いいえ、食べ方次第では5食食べた方が、ダイエット効果が高まります。なぜなら、小まめに食べることにはこんな効果が期待できるからです。

□カロリーコントロールをしやすい
1日5食にすると、3時間程度に1 回程度食事ができます。すると「今食べても、またすぐに食べられる」ため、お腹がいっぱいにならなくてもストレスを溜め込まずに済みます。「お腹が空いてしまうのではないか」という心配や、「今食べておかなきゃ」という不安を感じずに済むのです。

どうしても食べることがやめられずにダイエットに成功できない場合は、“何度も食べることができる”という安心感をもつことが必要です。


□血糖値の急上昇を防ぐことができる
一度に大量の糖分を摂取すると、血糖値が急上昇してしまいます。血糖値の急上昇は、エネルギーを使い切らないうちにお腹が空いたと感じやすく、さらなる食べ過ぎを招きます。血糖値の増減を緩やかにすることで、体脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

□どか食いによるリバウンドを防ぎやすい
とにかく「食べない!」と決心するダイエットでは、我慢の限界に達したところでどか食いによるリバウンドを招いてしまいます。毎日、何度も食べることができるという安心感は、どか食いやリバウンドを防ぎます。

5食の内容は・・・?

もちろん、5食にすれば何をどれだけ食べても大丈夫、というわけではありません。次の3つのポイントを押さえて、食べてメリハリをつくりましょう。

1.一食300kcal程度におさえる
2.野菜や海藻、きのこ類を積極的に食べる
3.肉や魚、卵、乳製品、豆製品などのたんぱく質を摂る

食べ方次第でやせ体質を実現することが可能。我慢が苦手という人は、ぜひ5食に食べ分けてやせ体質を実現してくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

背面を引き締めて美しく歩くポイント☆その1「猫背セルフチェック」
冷え症対策!3ヶ所の「首」を温める効果がすごい!
海外でも大注目!老舗お蕎麦屋さんに聞いた、お蕎麦の嬉しい美容効果
恋の大チャンス!ハロウィンで彼氏を作る3つの方法とは
「一食抜き」ダイエットが成功しないワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP