ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モフモフホラー&怪奇菓子にキャッキャ! ホラー通信presents『ハロウィン女子会』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


以前より告知させていただいていた、ホラー通信presents『ハロウィン女子会』ですが、10月26日に無事終了いたしました。ご来場いただいた方ありがとうございました! そして「行きたかったなあ〜」等、反応してくださった方もありがとうございました。

今回はこの『ハロウィン女子会』とはどんなイベントだったのか? 女子だけで集まりどの様なホラーな宴が繰り広げられていたのか? レポート形式でご紹介いたします。


会場となったのは、東京・秋葉原にある「アキバCO」ガジェット通信フロア。


ウェルカムドリンクには「男梅サワー」(女子会なのに!)がふるまわれました。


この日はゾンビメイクでの来場大歓迎! だった為、こんなに素晴らしいマジなゾンビッ子も遊びに来てくれました! ゾンビメイクで男梅サワーを飲むと、ちょっとした血液みたいで素敵ですよね。

【関連記事】手ぶらで本格仮装!? 動きにゾワッ! ハロウィンは『男梅サワー』でおぞましい妖怪に変化
http://horror2.jp/16961 [リンク]

ハロウィンオススメホラー&家系ホラーの傾向と対策!


まずは、ホラー通信編集部として、私藤本エリ、レイナスの2人から「ハロウィンにオススメのホラー映画」をご紹介。私のオススメは朝倉加葉子監督の『クソすばらしいこの世界』。女子会という事で女性監督の作品をセレクトしました。韓国のキュートな女優キム・コッピさんが主演ですが、ゴア描写はなかなかな本作。『君の名は。』と合わせて観たいあんな描写も素敵です。

レイナスは、現在絶賛公開中の『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生け贄』、『Mr.タスク』、『肉』の3本をセレクト。『ペイ・ザ・ゴースト〜』では「ニコラス・ケイジの困り顔、はしゃぎ顔、とにかくニコケイが最高!」、『Mr.タスク』では「本格仮装を目指すアナタに! “セイウチ人間”への変化の仕方が素晴らしい!」、『肉』では「美しい姉妹による恐ろしい“習慣”が恐ろしい。姉妹の悲しい葛藤もあるので『アナと雪の女王』と合わせて観よう!」とそれぞれオススメポイントを紹介しました。


続いて、イベントのゲスト。映画配給会社「トランスフォーマー」勤務、あの『ムカデ人間』など、数々の作品の配給・宣伝などを行ってきた國宗陽子さんが登場。『家系ホラーの傾向と対策』をレクチャーしてくれました。ちなみに『家系ホラー』は(C)國宗さんデス!


國宗さんによる『家系ホラー』の図解は、皆思わずスマホで写真を撮るほどの完成度。「部屋で怪奇現象、おかしな事が起っても皆なぜか引っ越さないんですよ!」という國宗さんからの疑問には皆「確かに、ウンウン」と共感しきり。「家系ホラーの一番の対策は、引っ越す勇気を持つこと、命が大事!」という金言も飛び出しました。

「TRICK or TREAT!」ホラーなお菓子&絶品タルト登場


ハロウィンと言えばお菓子! という事で『中西怪奇菓子工房。』さんの目玉脳みそケーキに目玉ゼリー、指クッキーが登場。タランチュラのグミは『PLAZA』で発売中!


指ウマイ! 蜘蛛ウマイ!


ハロウィンにピッタリな『PABLO』のタルトは大人気。『PABLO mini とろけるパンプキン』は切らずに食べられるので、オフィスでプチハロウィンする方にも良いのでは? 『PLAZA』で販売されているチョコレートやキャンディで周りを飾って、とてもキュート。


『コイケヤ』のお菓子を食べながらおしゃべり。最高の時間です。


ちなみにホラーケーキは切るとさらにホラーでした。

これがホラーと女子会の融合だ! 最新女子アイテムにワイワイ


今回のイベントでは『ハロウィン女子会』にピッタリなアイテムをご紹介しました。こちらはゾンビメイクにもピッタリのカラコンブランド『HONEY ME EYES』の『HONEY ME EYESハロウィンセット』を展示。


この日、筆者もプチゾンビメイク&蜘蛛の巣ベレー帽でイベントに挑みました。左が素目、右が『LILMOON』着用。やっぱり目元がハッキリしますね。


ゴスロリ衣装や傷メイクをして訪れてくれた女子達も「カラコンのアリナシは重要!」と太鼓判。マカロンのコンタクトケースもカワイイと好評でした!

『HONEY ME EYESハロウィンセット』は11月7日まで発売中です。
http://www.tutticon.jp/product/halloween_set2016.html?avn=3af975bccc0a8d31d98afeb1d460527d [リンク]


テクいらずで誰でも簡単に立体傷メイクが出来ちゃう『ミラクルペイント』コーナーでは、皆さんも実際に傷メイク体験。


首にも傷。痛い、痛い!


「簡単に出来る!」と大好評。


ハロウィンらしいコウモリやパンプキンのマークもカワイイ! 帰る時もぺろっとはがせて、化粧室が混雑しないのも素敵ポイントでした。

【関連記事】テクいらずで落とすのも楽々! 『ミラクルペイント』で“立体傷メイク”やってみた
http://horror2.jp/16993 [リンク]


スマホを見ながら、ネイルをしながら、それこそ「ホラー映画を観ながら」使える『ほっと見えマスク』は「こういうアイテムが欲しかった!」と大好評。


『ほっと見えマスク』を販売する、「グラフィコ」の担当者さんは、なんとJホラースタイルで商品をアピール! 長い髪の幽霊だって、目元を温めたい?!


女子と記念撮影にも応じていました。


皆でパシャリ! これが、ホラーと女子アイテムの融合だ!


後ろにはコッソリ、幽霊さんも写っていた様です。イベント終了後、この『ほっと見えマスク』1箱がお土産として手渡され、これまた皆さん大喜び。筆者も使うぞ〜。

ミヤジー氏(HIGH-BURN-VIDEO)厳選! “モフモフホラー”に女子歓喜


いつも珍しいホラー映画の映像で我々を楽しませてくれるミヤジー氏(HIGH-BURN-VIDEO)。今回は、女子会という事で、かわい〜い動物達による“モフモフホラー”を紹介しました。


羊が爆発したり、


カワイイ猫ちゃんが凶暴化したり、プードルがムキムキになったりと、観た事ない動物ホラー映像の連続に会場は大爆笑! 気になるタイトルは猫:『ファング 異形生命体』 兎:『night of the lepus』 羊:『バッド・テイスト』 犬:『ボーンヤード』。全編観たい物好きさんは要チェックだ!


最後には『ホラー通信クイズ』が出題され、正解したチームには豪華賞品も!

ホラー×女子会の酔狂な夜は無事に幕を閉じました。次回は男女問わず来場いただけるイベントを企画しておりますので、ぜひぜひ皆様お越しください。これからもホラー通信を何卒よろしくお願いいたします!

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP