体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水中撮影をカッコよく撮ろう! 水中カメラマンおすすめ「防水カメラ」4選!

f:id:ponparemall:20161020131121j:plain

写真提供:月刊『マリンダイビング』

夏休みや年末年始の休みを利用して、海外に遊びに行く人も多いのでは? 透明度の高い、水の綺麗な海に行ったら、水中写真を撮ってみたくなりますよね。だけど、「水中写真って特別な機材が必要なんじゃ…」と思っていませんか? 僕自身、そう思ってました。でも、調べてみると、最近ではかなり高性能な防水デジカメがたくさん発売されているんです。カッコいい写真を撮るための心得も含めて、水中造形センターの専属水中カメラマン・原田雅章さんにおすすめのカメラを教えてもらいました。

水中撮影初心者は、「水中モード」付き防水デジカメが正解

f:id:ponparemall:20161020131209j:plain

写真提供:月刊『マリンダイビング』

デジカメは使っているけど、水中撮影に関してはど素人。水中カメラマンの原田雅章さん、そんな僕が水中で写真を撮るためには、一体どんな機材が必要なんでしょう?

「昔は『ハウジング』という防水ケースにカメラを入れて撮影する必要がありましたが、最近は特別なケースを必要としない防水仕様のデジカメが豊富です。なかには、30メートルほども潜れる、スキューバダイビングでも十分使えるタイプも。防水仕様だからといって画質が劣ることはありませんし、『水中モード』があれば、特別なテクニックもほとんど必要ありません」(原田さん・以下同)

なんと、時代はずいぶん進んでいたようです。でも、特別なテクニックって、どういうこと?

「水中は、ほんの1メートル潜っただけで暗くなりますし、すべてが青みがかってしまいます。それを本来の色で撮影するために、私たちカメラマンは水中でストロボやライトをつけるのですが、きちんとしたライティングテクニックがないと、砂などの浮遊物ばかりが目立ち、“色は綺麗だけど全体に画面が汚い”失敗写真になってしまうんです。そこで『水中モード』に設定すれば、ある程度色を補正した綺麗な写真が簡単に撮れるんです」

【おすすめ防水カメラ その1】

オリンパス STYLUS TG-4 Tough

f:id:ponparemall:20161020131253j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会