ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定番から変わり種まで200種の焼酎本格サワー提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国各地のこだわりの焼酎100種類以上を時間無制限で飲み比べできる焼酎専門店「HAVESPI(ハベスピ)」新宿店は、“焼酎に新しい価値を”をテーマに、焼酎をベースにした新メニューの本格サワーを200種類開発。11月1日(火)の“焼酎の日”より提供する。


若年層を中心に焼酎の新たな価値を知ってほしいと願い新メニューを開発。焼酎を知り尽くした焼酎専門店店長が半年間かけて焼酎の特性を活かしつつ、焼酎の新たな魅力を引き出したメニューは、バラエティーにとんだラインナップだ。

定番のレモンサワーをはじめ、お茶割サワーなど昔ながらの下町サワー100種と「STAPサワー」、「味噌汁サワー」など、変わり種サワー100種を用意。焼酎の新たな楽しみ方を知ることが出来る。


「ジンジャーレモンサワー」は、生の生姜の千切りがレモンサワーにくわわり、ピリッとした刺激的な味わい。


女性が好きな「トマトハイ」。焼酎の味をトマトの酸味は包み込みマイルドな飲みやすさが売り。


「STAPサワー」は、スーパーフードで話題のチアシードを入れた本格サワー。プルプルした食感が楽しめる。

変わり種の「味噌汁サワー」は冷たい味噌汁をサワーに。大葉やキュウリなどをトッピングして具沢山味噌汁にもできる。

11月1日スタート当日は、先着50名様に店限定の焼酎をプレゼントする。ここでしか味わえない焼酎の本格サワーを楽しんでみてはいかが?

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP