ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

窓の外に広がる絶景。思わずロングステイしたくなるクスコでおすすめの宿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

プーノ、アレキパを経てクスコへやってきました! ここは世界で最も有名な観光地のひとつ。マチュピチュへと向かう拠点であり、世界遺産の町であり、かつてはインカ帝国の首都でもあった場所。スペイン人征服後インカの人々は山奥へと追いやられ、この地に教会や邸宅を次々と建てていったそう。インカ時代の石造りや遺跡の中にコロニアルな建物が混在していてなんとも雰囲気のある街なのです。ここクスコには、なんと25日間も滞在してしまいました! もちろんそれには様々な要因がありまして。もともとはお祭りに時期を合わせて、そしてマチュピチュへ行くため、という目的でクスコにやってきたのですが、宿が居心地良かった。ご飯が美味しくて食べ歩きまくった。カフェ充実。マッサージ最高。街が可愛い。買い物が楽しい。たくさんの旅友に再会した。日本から友人に小包を郵送してもらっていた。このような条件が見事重なって、ここから動けなくなってしまったのです! そんなクスコでおすすめの25日間泊まった宿!


小高い丘へ続く道の途中にあるその宿の名は「Hostal El Auqui」。


何と言ってもお部屋からの眺めが最高! 毎朝カーテンを開けるのが嬉しくて楽しくて。飛び込んでくるパノラマの景色はまるで、壁に飾られた巨大な絵画みたいだった。宿の中でもこの景色を楽しめるお部屋は限られていまして、もしここに泊まってみたいという方は、是非お部屋を見比べさせてもらってください。運良く大窓のお部屋が空いていればラッキー! 宿は朝食付きなのですが、朝ご飯を系列のホテルで食べられる日はテンションの上がり方が尋常じゃなかった。


ブッフェがこんなにも充実しているから! フルーツたくさんが嬉しい! フレッシュジュースの種類も多いし、バナナドーナツはその場で揚げてくれて、ハニーをとろりとかけてサクフワの熱々が食べられる。


大好きなアボカドもトーストにたっぷり乗せて。このオープンサンドを毎朝4枚は食べていました。宿には一人英語を喋れるスタッフがいたし、お部屋にはヒーターもあるし、ランドリーは有料だけど頼めるし、街の中心部までも近いし、お部屋までWI-FI届くし、うん、何一つ不自由なし!!! Hostal El Auqui、かなりオススメです。このホステルを拠点に、毎日お散歩して、ご飯を食べに行って、マッサージして、カフェに行って。がクスコでの基本ルーティンでした。

[寄稿者:uca]
■あわせて読みたい
「今を生きる」。ガン宣告後に13日間で新世界7不思議を周った女性のお話
http://tabizine.jp/2016/05/17/72751/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP