ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初の渋谷開催となった第13回東京国際ミュージック・マーケット、約5,000名が参加し盛況のうちに閉幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

”世界を知り、世界と出会う“をテーマに、第13回東京国際ミュージック・マーケット(13th TIMM)が、日本音楽の海外進出を目的として、10月24日、25日、26日に開催され、盛況のうちに閉幕した。

今年から中心となる場所を渋谷に移して、10月24日、25日に商談会、ビジネス・セミナーが渋谷エクセルホテル東急で行なわれた。また、TIMM連携ライヴは10月24日、25日、26日にTSUTAYA O-EASTで行われた。

今年は4,959名(マーケット参加:2,509名、ライヴ、パーティー参加:2,450名)の来場者となった。マーケットには、35の企業や団体が出展し、世界16か国以上から集まった、100名以上の海外バイヤーや日本の音楽関係者と商談を行った。

また、Kaz Utsunomiya氏と丸山茂雄氏のキーノート・カンバセーションをはじめ、8本のセミナーが行われ、国内外の多くの音楽関係者が、スピーカーの話に聞き入る姿が見られた。

夜は、3日間、TSUTAYA O-EASTでTIMM連携ライヴが行われ、18組のアーティストのバラエティー豊かなパフォーマンスに、集まった海外バイヤーは真剣に耳を傾けていた。

関連リンク

第13回東京国際ミュージック・マーケット オフィシャルサイト
Japan Content Showcase 2016 オフィシャルサイト

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP