体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】紅葉の秋! 京都のスゴすぎるお店をとことん堪能する旅へ【まとめ】

f:id:Meshi2_IB:20160830215823j:plain

秋ですね。そうだ京都へ行こう! と思っても、京都ってなんか高そう? きれいすぎ? とか思ってなかなか足が踏み出せないメシ通編集部です。

素敵なのはわかってるんですけどねえ。

とか思ってたら、さすが我が『メシ通』、なんか一味違う京都記事があるじゃないですか。

京都の裏の顔、そして普段着の顔、普通の旅行者にはなかなか見られない京都を堪能できそうですよ!

まずは裏、いきなりディープすぎる飲み屋さん(?)です。

アットホームってレベルじゃねえ! のんべえ達の秘密の魔窟! 京都「スペースネコ穴」

f:id:Meshi2_IB:20160830221025j:plain

まずはじめにお断りしておきます。

このお店は、素人にはオススメできません。

営業許可は取得しているものの、到底飲食店とは思えない店内。

濃すぎる客層。

独特の雰囲気を醸し出す女性店主。

自由すぎる注文のシステム。

この記事を読んで、軽い気持ちで足を踏み入れると、ヤケドしますぜ!

f:id:Meshi2_IB:20160830215823j:plain

こちら「スペースネコ穴」は地下鉄四条烏丸駅から歩いて5分ほど。

メシ通レポーターはこの店の常連の友達に連れて行ってもらいました。

京都の一部のコアでディープな界隈の、知る人ぞ知るお店、というか、家? 部室? 寮? なんと説明すれば良いのかわかりません。

もし周辺に「コアでディープな界隈を知る人」がいらっしゃっる方は、一緒に連れて行ってもらうと良いでしょう。

f:id:Meshi2_IB:20160830221522j:plain

「ネコ穴」という名前通り、お店にネコは一応いるのですが、いない時も多いそう。

猫カフェでは無いので、ネコには期待しないでください、とのことです。

そして、自由すぎる注文システム!

「飲み物は、一応タマさんに注文するけど、タマさんの手が空いてない時や、タマさんが潰れてる時は冷蔵庫から自分で出してくんねん。で、何杯飲んだか覚えておいて、お会計の時に自己申告してな」(案内人)

f:id:Meshi2_IB:20160830222115j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy