ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1Dのナイル・ホーラン、弾き語り披露で全米TVデビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1Dのナイル・ホーラン、弾き語り披露で全米TVデビュー

 ワン・ダイレクションのナイル・ホーランが10月26日、初のソロ・シングル「This Town」のプロモーションのため米人気トーク番組『エレンの部屋』に出演した。

 ホストを務めるエレン・デジェネレスは、ホーランに矢継ぎ早に選択を迫るゲーム“Who’d You Rather(どちらが好み?)”をさせ、どのハリウッド・ビューティと付き合うべきか決めさせた。リアーナ、セレーナ・ゴメス(かつて恋人と噂されたこともあり)、テイラー・スウィフトなど、なかなかの選択肢が用意されていたなか、ナイルが最終的に選んだのはイギリスのミュージシャン仲間であるエリー・ゴールディングだった。

 同ゲームで真の愛を見つけ出した後、ホーランは「This Town」のパフォーマンスを披露。ソロ・アーティストとしては今回が全米TVデビューとなった。アコースティック・ギターのみを手に弾き語りしたそのパフォーマンスは、ワン・ダイレクションの活動休止期間におけるホーランの試みが上手くいっていることを証明するものだった。

 ナイル・ホーランが全米初披露した「This Town」のパフォーマンスは、『エレンの部屋』のサイト上で視聴できる。

◎Niall Horan Performs ‘This Town’!
http://ellentube.com/videos/0_fqn0gt4j

関連記事リンク(外部サイト)

エリー・ゴールディング、1Dナイルとのデート認めるもシーランとの噂は否定
ソロ・デビューを果たした、ナイル・ホーランが書いた1Dの名曲10選
ナイルの人間性が全面に出た、温かみのあるラブソング「ディス・タウン」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。