ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローランド、ギターアンプ「ジャズ・コーラス」などギター関連新製品発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ローランドが、11月5日にギター関連の新製品を発売する。

今回発売される製品は、40年以上にわたり多くのギタリストに支持されているギターアンプ「ジャズ・コーラス」の出力30Wの小型モデル「JC-22」、ピエゾ・ピックアップを搭載したペダルタイプのプリアンプ「AD-2」、「コンプレッサー」の新製品「CP-1X」の3種類。

ジャズ・コーラス「JC-22」

ギターアンプ「ジャズ・コーラス」は1975年のデビュー以来、「JCクリーン・トーン」と呼ばれる独特のサウンドや、世界で初めて搭載された、美しい広がりを音色に与える「空間合成コーラス」効果によって、40年以上にわたり多くのギタリストに愛用されている。また、耐久性にも優れ、世界中のコンサート会場や音楽スタジオで、業務用としても幅広く使用されている。

現在「ジャズ・コーラス」シリーズとして、120W出力の「JC-120」と、40W出力の「JC-40」を発売しているが、多くのユーザーからの要望に応え、自宅での演奏に適した、小型サイズで扱いやすい音量の「JC-22」を新たにラインアップに加える。

「JC-22」は、30W出力の16cm(6.5インチ)スピーカーを2基搭載したステレオ設計。ギター本体の音色特性を忠実に表現する「JCクリーン・トーン」や「空間合成コーラス」など、シリーズの特長を継承している。さらに「JC-40」でも好評の「ステレオ・インプット」端子を装備。ステレオ仕様のエフェクターを接続して、その効果を最大限に活かした、広がりのあるサウンドを得ることができる。

ジャズコーラススペシャルサイト
https://www.roland.com/jp/promos/jc_40_years/

Roland JC-22 Jazz Chorus Guitar Amplifier

アコースティック・プリアンプ「AD-2」

プリアンプ「AD-2」は、弾き語りやソロ演奏など、ピエゾ・ピックアップ(アコースティック・ギターのボディに取り付けてギターの音を拾い、演奏時のギターの振動を電気信号に変換してケーブルを通じてPAミキサーやギターアンプに送ることができる部品のこと)を搭載したアコースティック・ギターでの演奏時に、ギター本来のふくよかで美しいサウンドを簡単に再現できるペダルタイプのプリアンプ。

昨今、弾き語りギタリストの人気が高まっていることにより、ライブ会場などでアンプやPAを使って演奏するギタリストが増えている。このような演奏の場面では、マイク使用時に比べて、セッティングの利便性やトラブルを防止するため、ピエゾ・ピックアップを搭載したアコースティック・ギターが広く使われている。しかしながら、ピックアップ構造の特性上、マイクで集音したサウンドに比べてアコースティック・ギターならではの自然で暖かい響きが失われる傾向がある。

「AD-2」は、ギターとアンプの間につなぐだけで、アコースティック・ギターが持つ本来の響きを付加し、自然な音色でギターを演奏することができるペダル型のプリアンプ。独自技術により、アコースティック・ギターを演奏したときに複雑に影響し合う共鳴を徹底的に解析し再現。本体パネルの「アコースティック・レゾナンス」つまみを回すだけで、指先や爪を使って弾く繊細なフィンガーピッキングから、ダイナミックなストロークまで、演奏スタイルに応じて、最適なバランスの音色を得ることができる。

また、アコースティック・ギター専用に設計された、プロ用機器クラスの高品位なリバーブを搭載。ふくよかなアンビエンス(残響)がギターの響きに深みを加える。ライブハウスやスタジオのPAミキサーに直接接続できるラインアウト用端子や、スピーカーから不快な音が連続的に発生する「ハウリング」を瞬時に取り除くノッチ・フィルター機能も装備しており、ライブ演奏に最適な機能をコンパクトな筐体に搭載している。

Boss AD-2 Acoustic Preamp Performance featuring Dewey

コンプレッサー「CP-1X」

「コンプレッサー」の新製品「CP-1X」は、ギター演奏のダイナミクス(抑揚)を最適にコントロールし、アンサンブルの中でも埋もれない、くっきりとした輪郭のあるサウンドを得られるようになる。

ギター用のコンプレッサーは、ギターから入力された信号の音量変化をコントロールするエフェクター。音の粒立ちを揃えて、他の楽器と組み合わせたアンサンブル演奏時にも聞こえやすい輪郭のある音作りをしたり、好みの弾き心地に調整したりすることができる。ライブ演奏やレコーディングなどでコンプレッサーは使われているが、従来のペダル型コンプレッサーでは音質が必要以上に変化し、演奏の表現力が失われる傾向があった。

「CP-1X」は、独自の「MDP(Multi-Dimensional Processing)」技術を駆使し、演奏のニュアンスに応じて信号処理を適切に変化させることで、従来にない自然な音色と弾き心地を実現。ギター本体の個性や、演奏者の音楽的な表現は活かしたまま、あらゆる演奏テクニックや音楽ジャンルに対応した最適な効果が得られる。

コンプレッサーはエフェクターの中で最も設定が難しいもののひとつであると言われ、最適な効果を得るためには、レコーディング・スタジオ用の高価な機材や、熟練のエンジニアによる緻密な調整が必要となる。「CP-1X」は内部でプロ・レベルの高度な信号処理を行いながら、パネル上の4つのつまみだけで調整できるシンプルな操作性を実現。一般的なペダル型エフェクターと同等の小型サイズのため、ライブ会場など、さまざまな場所に持ち込んで手軽に使える。

さらに、「CP-1X」は、過大な信号入力による音質の変化を避けるため、従来の9V電源を内部で18Vに昇圧させる設計。さまざまな種類のギターに対応します。また、繊細な効果を視覚的に確認できる「ゲイン・リダクション・インジケーター」の装備や、従来のコンプレッサーでは避けられなかったノイズの大幅な軽減など、プロ環境での使用に対応する設計となっている。

BOSS CP-1X Compressor featuring Tim Pierce

商品情報
ジャズ・コーラス「JC-22」
2016年11月5日(土)発売
オープン価格
初年度販売予定台数(国内/海外計)10,000台

アコースティック・プリアンプ「AD-2」
2016年11月5日(土)発売
オープン価格
初年度販売予定台数(国内/海外計)10,000台

コンプレッサー「CP-1X」
2016年11月5日(土)発売
オープン価格
初年度販売予定台数(国内/海外計)10,000台

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP