ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松本人志、本木雅弘が惚れ込む孤高の歌うたい・竹原ピストルとはどんな人物なのか? 人物像に迫るドキュメント番組、NHK BSプレミアムにて放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化した最新作『永い言い訳』が大ヒット公開中だ。

主人公の幸夫役を本木雅弘が務め、その他ミュージシャンの竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固めている。
その中で一際注目を集める存在が、孤高の歌うたい・竹原ピストルだ。

「♪よー、そこの若いの 俺の言うことをきいてくれ 『俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。』」

耳に残る話題のCMソング、独特な言い回しの歌詞と耳に残る野太い歌声が、人々の心を掴んで離さない。いま巷でジワジワと注目を集めている”ネクストブレイカー”、竹原ピストル(39)。

実は松本人志など芸能界にも多くのファンを持つ逸材で、その才能に強烈に惚れ込むもう一人の人物が、今回の番組のプレゼンター、俳優・本木雅弘だ

竹原を知ったきっかけは10月14日公開の映画 西川美和監督最新作『永い言い訳』での共演。撮影現場で竹原の魅力に取り憑かれた本木は、待ち時間にいつも竹原の歌を聞き、歌詞を完璧に覚えて口ずさむほどだったと言う。
日本を代表する実力派俳優・本木雅弘を心酔させる、竹原ピストルとは一体どんな人物なのか?

しかし、その活動のベースは、大きなステージとは呼び難い全国各地のライブハウスを一人転々とし、年間200本にも及ぶと言われる”ドサ回り”ツアーにあった。

300日間にも渡る”ドサ回り”に密着したドキュメンタリー。本木自らがインタビュアーとなって、人間味溢れる彼の魅力に迫った、濃密な対談。さらに”ネクストブレイカー”と呼ばれる所以でもある、渾身のライブの模様を竹原のツアーファイナルからお届けする。埋もれてきた逸材がメジャーシーンへと駆け上がる等身大の姿は必見。ナレーションは、同じく『永い言い訳』で共演した注目の若手俳優、池松壮亮が務める。

「ネクストブレイカー 竹原ピストル」
NHK BS プレミアムにて10/30(日)22:00〜22:59放送

関連記事リンク(外部サイト)

日本人フードファイター、小林尊が「ヤギの丸焼き」18kgを12分間で平らげる 約100年間優勝できないシカゴ・カブスの「ヤギの呪い」を解く!
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
エイベックスが第2、第3の著作権管理団体を統合!ジャスラックへの対抗組織が誕生か?
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
BRAHMANのTOSHI

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP