ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島優勝を当てた達川光男氏 「来年も優勝狙える」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球シーズンが始まる前、『週刊ポスト』(3月25日・4月1日合併号)でお伝えしたプロ野球の評論家たちの予想は、シーズンが終わると一人を除いて広島カープ優勝を当てられなかった。唯一、広島カープ優勝を当てた達川光男氏が、今年の順位予想とその結果を振り返った。

【達川光男氏の順位予想】
◆セ・リーグ
1位:広島、2位:ヤクルト、3位:阪神、4位:巨人、5位:中日、6位:横浜
◆パ・リーグ
1位:ソフトバンク、2位:日本ハム、3位:西武、4位:オリックス、5位:ロッテ、6位:楽天

 唯一カープ優勝を当てた? 他が全然ハズれとるのがいけんけどね……。キャンプで緒方(孝市)監督、黒田(博樹)、新井(貴浩)の3人が談笑している姿を見て、“今年はいける”と確信した。今年のカープはムードがいいから勝ったといえる。黒田も新井も2年目で遠慮なくやれた。若手とベテランが1枚岩になった。

 また正捕手の石原(慶幸)が中間管理職としていい味を出した。石原は黒田とコンビを組んでリードが変わった。いかに少ない球数で相手を料理するかを覚えた。その結果、投手陣が1年間故障せずに働けた。

 横浜を最下位にしとった? CSに出場したとはいえ、借金2ですから最下位みたいなもんじゃけェ。他がこけただけ。

 パでは「大谷(翔平)が二刀流を続けているうちは日ハムの優勝はない」と言った? いやいや今年の大谷は二刀流ではなく一刀流だった。怪我で打撃に専念した時期が長かった。シーズンを通して二刀流を続けていたらソフトバンクが逃げ切ったはずですよ。

 来年のカープ? 中心選手がまだ若いから連覇も狙えますよ。今、カープは投打のバランスが取れとる。連覇ができるチームは走攻守のバランスが良い。田・菊・丸(田中広輔・菊池涼介・丸佳浩)のトリオが同時に不調になることはないでしょうから、ひょっとするとひょっとしますよ。

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
中西清起氏と金村義明氏 順位予想が外れた原因を分析
順位予想外した江本孟紀氏 優勝予想は広島OBぐらいでしょ
北別府学氏「新井貴浩復帰など得点力アップ」と広島優勝予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP