ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『インフェルノ』LAプレミア開催、トム・ハンクス「謎解きに一緒に参加して」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの最新作『インフェルノ』のLAプレミアが、現地時間10月25日に開催され、トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、ロン・ハワード監督らキャスト製作陣が登壇した。

 10月28日に日米同時公開を控えている本作は、公開済みの国々で興行収入ランキング初登場1位を獲得するなど、世界的なインフェルノ旋風を巻き起こしている。驚異的な知能を持つ主人公ロバート・ラングドン教授を演じたトム・ハンクスは、「知的な男性を演じるのはいつだって楽しいよ。フィレンツェのような場所で朝起きて、コーヒーを飲み、素晴らしい建築物の間にかかる古き橋を渡りながら仕事に行き、絵画の傑作の間を走り回り、世界を救う。それってすごい仕事だろ!」と、その興奮を語った。また、公開を待ちわびているファンに向けて、「皆には宝探しのような謎解きに一緒に参加してほしい」とメッセージを送った。

 女医シエナを演じたフェリシティ・ジョーンズは、「観ていてとても楽しくて、スリリングで、文字通り手に汗握るのよ! 観客の皆さんはきっと気に入ってくれると思うわ」と本作の魅力をアピール。シリーズ全てを監督してきたロン・ハワードも「素晴らしい作品だと思うよ。観客を様々な方法で楽しませることができる。スリラー、歴史、手がかり、トム・ハンクス、アクション。この映画での関係性やキャラクターは、より面白いものになっている。お互いの関係性そのものがプロットの要素になっているというのは、前作にはなかったものなんだ」と注目ポイントを語った。全世界でのシリーズ累計興行収入は12億ドルを超え、日本国内においても120億円を突破している人気シリーズの最新作『インフェルノ』は、10月28日より日米同時公開。

◎『インフェルノ』トレイラー映像
https://youtu.be/UWRsfYrJiXc

◎作品情報
『インフェルノ』
2016年10月28日(金)より、全国ロードショー
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、オマール・シー、イルファン・カーン、ベン・フォスター
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連記事リンク(外部サイト)

『インフェルノ』ワールドプレミアにトム・ハンクスら登場、次作は日本で撮影?!
トム・ハンクス主演『インフェルノ』 “究極の選択”を原作者ダン・ブラウンが明かす
『インフェルノ』監督が主人公ラングドン教授の秘密を暴露 「〇〇という能力がある」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP