ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワインのようなビール!?まろやかに変化する「麦のワイン」は熟成させて楽しみたい♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月17日(木)はいよいよボジョレー・ヌーボー解禁日

「ワイン派というよりビール派!」という方にもアピールする“麦のワイン”が同日に発売されます♪

・熟成させるのが楽しみ!

地ビール屋サンクトガーレンが手がけたのは、大麦のワイン「エル ディアブロ2016(悪魔)」と、小麦のワイン「ウン アンヘル2016(天使)」の2種類(各税抜1000円)。各8000本限定で販売されます。

ビールでありながらワイン並みにアルコールが高く、ワインのように月日を経て熟成していくのが一般的なビールとの大きな違い。

ただし、原料は麦芽とホップと水のみ。通常より大量の材料と、より長い熟成期間をかけることで造られるのだそう。

・ホムパなどの手土産にもおすすめ

麦のワインは、非常に濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりが特徴。

熟成させると角が取れてまろやかになり、香りはドライフルーツを思わせるような複雑味を帯びたものへと変化するというから、なんだか気になりますよね!

ちなみに、賞味期限は5年間。パッケージもワインのようにオシャレなので、手土産などちょっとしたプレゼントにもおすすめです♡

サンクトガーレン
http://www.sanktgallenbrewery.com/

・ビール(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。