ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローラがゾンビに!? 最終作『バイオハザード』ハロウィン向け巨大看板が渋谷をジャック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開となる、究極のアクション超大作シリーズ第6弾にして最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』。日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(=ゾンビ)化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットを記録。2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワー、そしてゲームユーザーに止まらないファンを増殖させ、独自の世界感を築き世界を熱狂の渦に巻き込んできた。

現在、渋谷の街をジャックしている『バイオハザード:ザ・ファイナル』でハリウッドデビューを飾るローラの看板が10月27日(木)より”ゾンビ化”することが判明した!

これは10月24日(月)~11月13日(木)まで渋谷に掲出されている本作の看板を、ハロウィン期間限定【10月27日(木)より順次~10月31日(月)】でゾンビ化(=アンデッド化)する特別企画。「全てが終わる」のシリーズ最終章のキャッチコピーが書かれた看板で、白いドレスを着た美しいローラから一変、黒いドレスでゾンビ化(=アンデッド化)するローラ。見ると頬や額、あごには生々しい傷跡が!?さらには目も完全にゾンビ化している!

劇中では主人公・アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とともに無数のアンデッドとの壮絶な”最終決戦”に挑む女戦士・コバルト役を熱演!ハロウィン期間中の渋谷でしか見ることができないローラのゾンビ姿は必見である!

ちなみにこのゾンビ姿のローラはCGなどの加工はせずに直接メイクを施した姿。ローラも「映画の撮影中ではアンデッド・メイクはしなかったけど、アンデッドになるのは新鮮で楽しかった!渋谷に遊びに来るみんなもハロウィンと冬の『バイオハザード:ザ・ファイナル』を楽しんで!」とコメントを寄せている。

映画の世界観そのままになるに違いない渋谷のハロウィンもさることながら、『バイオハザード』シリーズ最終章となる本作でのアリスとコバルトがどんな活躍を見せてくれるか今から期待せずにはいられない!

シリーズ最高のスケールを感じさせる圧巻のシーン連続の最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日(金・祝)世界最速公開

『バイオハザード:ザ・ファイナル』公式サイト
http://www.biohazard6.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
BRAHMANのTOSHI
150人を逮捕した警察犬が安楽死に・・・病院に向かう元同僚に警官達が敬礼し見送る
​マジで強い!カバ裏最強説再び 凶悪なサメを瞬殺で一蹴【動画】
神がかったイジられハプニングが発生!その裏にはある秘話が・・・

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP