ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「GALAPAGOS 003SH/005SH」のソフトウェアアップデートを開始、圏外と表示される問題やWi-Fi接続問題、メニュー表示問題を解消

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクがシャープ製Androidスマートフォン「GALAPAGOS 003SH/005SH」に対して、Android 2.3(Gingerbread)へのメジャーアップデート後に見つかった不具合を解消するソフトウェアアップデートを開始しました。10月7日に開始されたAndroid 2.3(Gingerbread)へのメジャーアップデートの後、両機種において、通話・通信可能エリアであるにもかかわらず圏外となり、通話・通信ができないことがある、Wi-Fiに接続できないことがある、ソフトウェア更新の一部メニューが表示されないことがあるという不具合が見つかったらしく、今回のアップデートでそれが解消されるそうです。更新ファイルはネットワーク経由で配信されており、端末の「menu」ボタンを押下し、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」で即時更新することができます。今回のアップデートによってソフトウェアのビルド番号は、003SHでは「S4040」、005SHでは「S4040」と表示されます。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
ディズニーモバイル、スライドテンキー搭載防水・防塵スマートフォン「DM011SH」を12月2日に発売
ソニエリ、同社公式オンラインストアでクリスマスキャンペーンを開始、Xperia用アクセサリーが割引き価格で購入可能に
Samsung、韓国向けGalaxy Note、Galaxy Nexus、Galaxy Tab 8.9 LTEを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。