ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天モバイル、20GB/30GBの大容量プランとデータシェアサービスを提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽天は 10 月 27 日、MVNO サービス「楽天モバイル」で 20GB / 30GB の大容量プランとデータシェアサービスの提供を発表しました。楽天モバイルの大容量プランは 11 月 4 日に提供される予定で、データ通信・SMS 付きデータ通信・音声通話のいずれのプランにも提供されます。しかも、直近 3 日間の使用量が一定量を超過すると制限をかけることはないそうです。月額利用料は、データ通信プランが 4,050 円(20GB) / 5,450 円(30GB)、音声通話 SIM が 4,750 円(20GB)/ 6,150 円(30GB)、050 データ SIM(SMS 付きデータプラン)が 4,170 円(20GB) / 5,520 円(30GB)となっています。データシェアサービスは 2017 年 1 月に提供される予定で、12 月下旬より受付が始まります。楽天モバイルのデータシェアは主回線のデータ量を最大 5 回線のグループで共有できるというものです。共有可能な回線は、同一名義の回線や家族の回線だけではなく、楽天モバイルユーザーであれば他人とも共有できるとされています。しかし、1 回線あたり月額 100 円の費用が発生します。Source : 楽天

■関連記事
カシオ、スマートフォンと連携するEXILIM Connect対応の自撮りに特化したデジカメ「EX-ZR70」を発表
リンクフォース、地図を利用したSNSアプリ「フレマップ-SNS Mapping App」をリリース
シャープ、初のSIMロックフリーAndroidフィーチャーフォン「AQUOS SH-N01」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。