体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

韓国の原宿をおいしく楽しく!ソウル・明洞のおすすめ料理とグルメスポット24選

韓国の原宿をおいしく楽しく!ソウル・明洞のおすすめ料理とグルメスポット24選
Photo credit:Akiko Kinoshita「お隣の国と出あう――韓国・ソウルの灯篭流しの旅」

Photo credit:Akiko Kinoshita「お隣の国と出あう――韓国・ソウルの灯篭流しの旅」

こんにちは。Compathy MagazineのKumiです。
ソウル市内の明洞(ミョンドン)エリアは、韓国の原宿とも言われている人気の観光スポット。韓国のコスメブランド商品を扱うお店が軒を連ね、周辺には高級ホテルのロッテホテルや屋台がずらりと並ぶ南大門市場などの観光名所もあります。
そんな明洞のもう1つの魅力は、定番の韓国料理や露店で販売されているB級グルメ! 今回は明洞で食べるべき、おすすめ料理とグルメスポットについて紹介します。

明洞でぜひ食べたいおすすめのグルメとは

1. スンドゥブチゲ

Photo credit:Nao Fujiwara 「ソウルでこれを食べなきゃ帰れない!?」

Photo credit:Nao Fujiwara
「ソウルでこれを食べなきゃ帰れない!?」

スンドゥブとは、韓国語で”柔らかい豆腐”を指すことば。日本で言うおぼろ豆腐に似た食材で、韓国では主にチゲ(鍋料理)の材料として使用されています。
韓国豆腐を使った鍋料理であるスンドゥブチゲは加えるトッピングによって名前が異なり、定番のキムチスンドゥブから海鮮スンドゥブ、豚肉スンドゥブなど種類も豊富です。明洞にはは老舗のスンドゥブチゲ専門店が数多く軒を連ねているので、ぜひ本場の味を堪能してみてください。

2. タッカンマリ

Photo credit:Yuki「Korea2015-1st」

Photo credit:Yuki「Korea2015-1st」

タッカンマリとは、鶏肉を丸ごと1羽入れて、ネギやトッポギ、じゃがいもなどと一緒に煮込んだ料理。日本の水炊きに似ていますが、ニンニクがたっぷりと入っているのがタッカンマリの特徴です。
鶏肉のダシが効いた素朴な味わいのタッカンマリは、辛い料理が苦手な方でも美味しくいただけます。辛いのが好きな方は、タデギと呼ばれる調味料を加えてもらうことで辛さを調節できますよ。
明洞の東大門付近には、「タッカンマリ通り」と呼ばれる、タッカマリ専門店が並ぶストリートがあります。明洞を訪れる際は、ぜひ好みのタッカンマリ店を探してみましょう。

3. 参鶏湯(サムゲタン)

Photo credit:Katsuhito Watanabe 「ソウルの美味しいものをたべつくそう」

Photo credit:Katsuhito Watanabe
「ソウルの美味しいものをたべつくそう」

参鶏湯は、韓国を代表する薬膳料理として有名な一品。鶏肉と高麗人参、松の実、ナツメ、ニンニクなどを入れて煮込んだ栄養満点の料理です。
その栄養価の高さから、韓国の人は疲労の回復のために参鶏湯を食べているのだとか。さっぱりとコクのあるスープが特徴の参鶏湯は、夏は夏バテ対策、冬は体を芯からあたためる、季節を問わず大活躍な韓国グルメです。

4. 韓国焼肉

Photo credit:Kazue Kitajima「韓国・ソウル」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy