ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大八木淳史が語る平尾誠二「ラグビー界は彼の提唱通りに…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラグビー日本代表で主将、監督を務めた平尾誠二さんが53才の若さで亡くなった。1963年、京都市生まれの平尾さんは、伏見工高3年時の全国制覇、同志社大学で3連覇、社会人では神戸製鋼で7連覇を達成。日本代表に史上最年少の19才4か月で選ばれ、やはり史上最年少の34才で代表監督に就任するなど、まさに「ミスター・ラグビー」と呼ばれるにふさわしい存在だった。

「大スターにもかかわらず、控えめな一面がありました。結婚式もこぢんまりしていたし、現役引退の時も派手なセレモニーはやりませんでした。プライベートなこともほとんどしゃべらなかった。大学卒業後にイギリス留学をしていたとき、“あの事件”に巻き込まれて昼夜問わずメディアから下宿に電話がかかってきたときは本当に困ったと、事あるごとに話していました」(平尾さんの知人)

 平尾さんは1985年、男性ファッション誌『MRハイファッション』(7月号)の座談会に参加、モデルとして表紙を飾った。それが当時の日本ラグビー協会から「アマチュアイズムに反する」とされ、日本代表を外されてしまう。

 平尾さんの1年先輩で、高校、大学、社会人、日本代表でも共にプレーしてきた“盟友”の大八木淳史・芦屋学園理事長が言う。

「今だから明かせますが、私も同じ時期に『メンズクラブ』でモデルになり、撮影まで終えていた。たまたま『MRハイファッション』が先に発売され、平尾が処分を受けたので、私の方は差し替えになりました。発売時期が逆だったら、処分を受けていたのは私でした」

 たしかに雑誌には出たが、平尾さんたちは謝礼を受け取ったわけではない。

「自分たちが表に出ることで、ラグビー人気が高まればと考えていただけ。アマチュア規約に違反するとは微塵も思っていなかった」(大八木さん)

 大学卒業後、社会人チームからは引く手あまただったが、この“事件”の影響でオファーがなくなってしまったという。そんな平尾さんに唯一、手を差し伸べたのが神戸製鋼だった。

「“あの時、神戸製鋼が声をかけてくれなかったら、今の自分はない”というのが彼の口癖。入社後は日本選手権で7連覇をなし遂げて“恩返し”するとともに、神戸にも愛情を注ぎました。7連覇の2日後の阪神・淡路大震災ではラジオで『みんなで立ち上がりましょう』と呼びかけ、自分の家も倒壊したのに、建物の下敷きになっている被災者を懸命に助けて回った。地元の小学生ラグビーチームが練習場がなくて困っていると、神戸製鋼にかけあって練習場を貸してあげたり。本当に義理人情に厚い男でした」(前出・知人)

 1997年、低迷する日本代表の建て直しのため、「やりたいようにやっていい」とラグビー協会に請われ、日本代表監督に就任。平尾さんは次々に新しい方針を打ち出した。

 当時はタブー視されていたが、多くの外国籍の選手を代表に招集し、主将も外国人選手に任せた。代表選手の待遇改善を求め、練習時間を見直した。それまで各地域に別れていたリーグの統合を提案し、数年後のプロ化まで模索した。ラグビー界のみならず、スポーツ界にも新風を巻き起こそうとしていた。

「平尾には先見の明がありました。10年先、20年先を見据えた改革を進めていたんです。ですが、保守的なラグビー界からは“調子に乗っている”と批判され、理解されなかった。平尾の改革は、時代の先を行きすぎていたんです。でも、昨年のW杯での日本代表の快進撃を見てください。日本のラグビーはまさに平尾の提唱してきた通りに進歩して、結果を出したじゃないですか」(大八木さん)

 今では五郎丸歩のような人気選手がファッション誌の表紙を飾ることは当たり前に。外国人選手が桜のジャージーを着ていても、何の違和感もない。2002年には「トップリーグ」という全国リーグができ、今では多くのプロ選手が活躍している。それはすべて平尾さんの存在があったからこそ。

 2019年、日本で初めて開催されるラグビーW杯に彼がいない痛手は大きすぎる。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
サクラセブンズ桑井亜乃「必殺タックルを目に焼き付けて」
ラグビー日本代表の状況を劇的に変えたE・ジョーンズの手腕

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。