ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

非常食に3年保存可能なふんわり食感のパンはいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

備えあれば憂いなし。最近は自然災害に備えて、非常食を用意しておく人が多くなった。災害時のために保存しておく食品として今まで利用されることが多かったのは缶入りパンだが、水分が少なくパサつくものや、油分が多く食べにくいものもあった。

そんな課題を解消した商品が10月27日(木)に発売の「尾西のひだまりパン」(オープン価格・想定売価280円~300円)。保存期間が3年のふんわり食感のパンだ。

「尾西のひだまりパン」は普段いただいているパン屋さんのパン仕立てで、天然酵母パネトーネ種を使用。長時間発酵させることでしっとりやわらかに。水分を結合水として定着させ、口どけのよいパンに仕上げている。

テイストはコクのあるメープル味、ミルク風味のプレーン味、定番のチョコ味の3種類。

さらに、災害時のゴミ対策にも配慮した袋入りなので、食べた後に空き缶ごみが出ることもなく安心だ。

もしもの時の非常食として、長期保存なのにふんわり食感「尾西のひだまりパン」を選んでみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP