ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西ローマには、24時間無料で飲める「ワインの泉」があるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数のワインの産地として知られていますが、値段は1リットル1ユーロ(約100円)ほどで販売しているお店もあり、ほとんど水と同じような値段でおいしいワインを味わうことができます。

そんなイタリアの首都ローマのすぐ東に位置するアブルッツォ地方に、なんと「赤ワインが出てくる蛇口」が誕生したというのです。

24時間、365日
ワインが無料

蛇口を設置したのは、ドラ・サーチーズ・ワイナリー。ここはオルテナからローマにあるサン・ピエトロ寺院や、カトリックの総本山ヴァチカン市国へと向かうキリスト教徒の巡礼ルート上に位置しています。

セントトーマス教会が、巡礼を活性化させるためにおこなっている非営利・支援プロジェクトの一環として誕生しました。モンテブルチャーノ種が有名なこの地方で生産されたブドウを大量に集めて作られ、蛇口の周りの小屋はイタリアの建築家ロコ・バレンティー二によって建てられたそうです。

この蛇口は24時間365日、誰でも利用することができ、無料で飲み放題。 ただし、酔っ払って大騒ぎするのは厳禁、とのこと。

Facebookで告知したところ、オープン日には多くのワイン好きが集まり、大盛況だったようです。

世界に広がる
アルコールの蛇口

そもそもこの取り組みは、スペインのサンディアゴ巡礼ルート上にできた「ワインの泉」に着想を得ていて、他にもスロベニアの公園にビールが出てくる蛇口(こちらは無料ではありませんが)も作られています。

この、アルコールが蛇口から出てくるという仕掛けは、世界中で広がってきているようです。讃岐うどんの出汁が蛇口から出てくる国、日本ですから、そう遠くはない未来に登場するかも?Licensed material used with permission by Dora Sarchese Vini

関連記事リンク(外部サイト)

豪カンタス航空がエコノミーでも、無料でワインの「テイスティングサービス」を始めた理由
修道僧4,000体分の骸骨で装飾された「イタリアの教会」
ワイン好きの皆さん。デキャンタージュした後でも、これなら保存ができますよ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP