ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デート中にホームシックになったネパール人の話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ヤバい恋愛のエピソードを持っているという、サンミュージック所属のお笑いコンビ「ミライパレード」の岩村さんが今回語ってくれたのは、デート中にホームシックに襲われて泣き出してしまったネパール人との一騒動だった………!?

彼氏いない歴27年

現在27歳の岩村さんは、今までに一度も彼氏がいたことがないのだそう。そして、何を血迷ったのか「日本はダメだ」「日本人ではダメだ、彼氏はできない!」と日本人の男性を諦めてしまった岩村さんは、韓国料理屋で働いている後輩の女芸人の子に男性を紹介してもらうことにした。その後輩曰く、ネパール人の男性が同じ職場で働いていて、その男性がちょうど「日本人の女の子を誰か紹介してください」って頼んできていたのだそう。「ちょうどいいやないか!」と思った岩村さんは「私に紹介してください!」と言って、そのネパール人男性を紹介して貰い、二人でご飯を食べに行った。

画面>私

ネパール料理屋に入ったふたり。久しぶりの「デート」にドキドキしていた岩村さん。席に着いてからそのネパール人男性と話をしていた所、店内に設置されているテレビ画面にネパールの山々や、ネパールの風景が延々と映し出されていることの気付いた。「あ、ネパールってこういう感じなんですか」「行ってみたいなあ」と話し掛けた岩村さんに対して、ネパール人男性の方も「そうなんですよ、ネパールっていいところでね」「こういう所が綺麗で〜」と、そのモニターを見つめながら答えてくれていたのだが、ある時から段々と、そのネパール人男性が、岩村さんではなくて、画面の方に集中し出してしまった。「相手してくれよ」と思った岩村さんを余所に、彼はずっと画面だけを観ている。そして、しまいには、ずっと故郷に帰りたいと思っていたのか、ネパールを思い出して、涙ぐんできてしまったのだ………

俺はネパールに帰る

あーっ」っという声を上げながら涙を流し始めてしまったネパール人男性は、とうとう「ネパール帰りたいよ」と言い出した。「えっ」「デートしてんのにネパール帰りたいよって、どうことだよ!?」と思わずにはいられなかった岩村さん。号泣し出してからしばらく経った後で、ネパール人男性は「もう、僕、家に帰りますわ」と言って、岩村さんを置いて帰ってしまった。その足でネパールに帰国したんじゃないか、というぐらいの勢いで号泣していたというその男性は、心配になった岩村さんが後日LINEを送ってみたものの、既読さえも付かず、もしかしたら、本当にネパールに帰ってしまったのかも知れなかった………

後日談

泣いて帰られた」という報告を紹介してくれた後輩の女芸人にした岩村さん。すると、そのネパール人男性は、そのお店も辞めていたらしく、これはいよいよ、本当に帰国しちゃったのかなと思った所、その後輩は「あ、でも、この前、韓国人女性と一緒に来てましたよ、お店」と教えてくれたのだそう。「えっ!?」と驚かずにはいられなかった岩村さん。そのネパール人は、泣いて帰った癖に、韓国人の女性と韓国料理屋に行っていたのだ。単に、デートを切り上げられ、乗り換えられただけだったのだ………

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP