ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Alloがv2.0にバージョンアップ、スプリットスクリーンやクイック返信に対応(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の新チャットアプリ「Allo」が v2.0 にバージョンアップし、Android 7.0 のスプリットスクリーンモードやクイック返信に対応しました。スプリットスクリーンは画面を 2 分割するマルチウィンドウモードのことで、前回バージョンまでは、スプリットスクリーンにすると非対応の警告メッセージが表示されていましたが、v2.0 ではそれが出なくなりました。この画面モードを公式にサポートしたことになります。クイック返信は Android 7.0 で新規導入された通知からのメッセージ返信機能です。通知パネルやロック画面に表示されるメッセージの通知には「返信」ボタンが表示されるようになり、タップするとその場でテキスト欄に文字を入力して送信することができます。更新:対応したのは、スマート返信ではなく、クイック返信です。「Allo」(Google Play)

■関連記事
Axon 7 Maxのプレス画像が流出、裸眼立体視可能な3Dディスプレイを搭載か?
Android版「FRESH! by AbemaTV」がv2.6.0にアップデート、ホームの内容が一部刷新
Windows 10 Creators UpdateではAndroidスマートフォンをリンクしてSMSの送受信が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP