ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中華ハンディ機のUV-3RとVX-3の中身は別モノ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中華ハンディ機の元祖となるBAOFENGの「UV-3R」は、2011年の発売。低価格はもちろんのこと、八重洲無線の「VX-3」にそっくりな外観が話題を呼びました。はたして、中身もコピーされているのでしょうか? 外観は似ていますが、中身は回路設計は全く違う別モノです。

UV-3Rの型番は挑発的な仕様

BAOFENGの「UV-3R」の型番は、ご丁寧なことに八重洲無線の「VX-3」の海外仕様の型番「VX-3R」に似せてくるという挑発的な仕様です。ただし、ボタンが少ないといった劣化コピーぶりは、いかにも中華的展開でした。

外観はUV-3RとVX-3のサイズはどちらも、47W×81H×23Dmm。コピーしたのは明らかです。ただし、UV-3Rのディスプレイは2VFO表示。ボタンはVX-3より少ない作りになっています。

じつは外観はコピーしても、中身まではコピーしてはいません。というのもUV-3Rは、部品点数を少なくするために、1つのICでDSPやSDR処理をする方式を採用しているからです。

UV-3Rは基板の部品密度が低い

これにより、機械的な回路を圧縮して、コストダウンを図っています。ただし、フィルター回路の部品精度が甘くなり、スプリアス発生の要因になっています。回路設計の違いからVX-3の基板をマネる必要がなかったというのが実情でしょう。

実際に中身を見てみると、UV-3Rは基板上の部品密度が低いことがわかります。部品総数が少ないため低コストで製造可能です。「VX-3」は各部品を組み合わせることで回路を形成し、総合的な高性能を発揮する構造になっています。

UV-3Rが少ない部品で動作するのは、信号処理をIC「RDA 1845」の1つで行っているため。DSPやSDRで処理する中華ラジオと同じ方式です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP