ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野村克也氏 「大谷にやられっ放しのパの連中に恥はあるか」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「生涯一捕手」を標榜した野球評論家の野村克也氏は、今のプロ野球界に大きな危機感を持っているという。新刊『野村の遺言』も話題となっている野村氏が、プロ野球界の現状に物申す。

 * * *
 選手として26年、監督として24年。南海時代は打倒・巨人を掲げ、日本シリーズで長嶋茂雄・王貞治らと鎬を削り、監督としては弱小といわれたヤクルトを3度の日本一に導いた。1935年生まれ、81歳になる私の人生は、プロ野球の歴史とほぼ重なる。

 そんな私が最近、試合を観ているとため息しか出ない。「なんだこれは」というシーンばかりで、「何を考えているんだ」とボヤいてばかりいる。精神衛生上、まことによろしくない。

 例えば今年の日本シリーズは、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島と、二刀流・大谷翔平を擁する日本ハムの対戦となった。特に大谷はシーズン中、投手としても打者としても好成績を収め、投手ではプロ野球最速を更新する165キロをはじめ、160キロ台の速球を連発して話題をさらっていた。

 まあ、これはいい。情けないのはパ・リーグの連中だ。年間を通して大谷に二刀流で好き勝手やられるなど、プロとしては大失敗だし、論外である。私なら徹底的に大谷を研究して、攻略法を見出していると思うが……。

 私は、真のプロとは「恥の意識」を持つ者だと思っている。

 野球ではミスや失敗は必ず起こる。だからそれを恐れてはいけないが、「こんな恥ずかしい思いは二度としたくない」と「恥」に思って自分を戒めるからこそ、失敗をした原因を究明し、修正しようとする。

 それが自尊心を高め、問題意識を呼び起こし、自主性と自発性を促すことで、より自分を高めようとする原動力となる。それがプロ意識だ。大谷にやられっ放しという失敗を繰り返した今のパの連中に、「恥」の概念はあるだろうか?

 それに私は、大谷は「本当にそんなに球速が出ているのか」と疑問に思っている。普通、160キロを超える球なんてバットにかすりもしない。それが今の打者は簡単にバットに当て、タイムリーまで打っている。まったく、大したものだと思う。

 速さでいえば私の経験上、金田(正一)さんや、南海で実際に球を受けた江夏(豊)のほうがもっと速かったように感じる。山口高志はさらに速かった。日本シリーズでは山本浩二、衣笠祥雄が山口の球に、それこそかすりもしなかったのを覚えている。

 断わっておくが、私は別に懐古主義に浸りたいわけではない。大谷の素質が素晴らしいことに異論はないし、選手個々の能力や技術、体格などでいえば、私の現役時代よりも進化していると思う。ただそれを踏まえて、あえていわせてもらいたい。

 プロ野球のレベルは低下している。

●のむら・かつや/1931年、京都府生まれ。京都府立峰山高校卒業後、テスト生として南海に入団。3年目から正捕手となり、首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、戦後初の三冠王など数々のタイトルを獲得。1970年には選手兼監督に就任、ロッテ、西武を経て1980年に45歳で引退。その後はヤクルト、阪神、楽天で監督を歴任。ヤクルト時代にはリーグ優勝4回(うち日本一3回)を達成した。

■取材・構成/鵜飼克郎 ■撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本
江川卓、伊良部他プロ野球史上に残るヒール55人を紹介する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP