ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

31アイスクリーム ハロウィン限定のゆる怖スイーツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 すっかり秋の定番イベントとして定着したハロウィン。今年も今しか食べられない限定スイーツが登場している。ハロウィンといえば「かぼちゃ」のイメージだが、今年のスイーツは味も見た目もユニークに富んでいる。

 サーティワン アイスクリームの『I Scream Sundae』は、アメリカのお墓をモチーフにしたサンデーだ。アイスクリームの上に墓石を模したクッキーや四角いブラウニーなどをトッピング。お墓から這い出てきたゾンビの手がおばけに襲いかかる! というハロウィンの夜のワンシーンを再現した、“ゆる怖”な見た目が楽しい。

 トッピングにかけるソースは、実はハバネロ入りの激辛チョコソース。要注意の辛さだが、甘さとの絶妙なバランスがクセになる。また、より不気味さを演出できる赤い血が滴したたっているようなブラッドベリー味の甘いソースもあるので、子供にはこちらがおすすめ。

 また、アイスクリームをチョコなどでキャラクターに仕立てる『ハッピードール』もハロウィンバージョンが登場。併せて購入すれば、パーティーがよりにぎやかになるだろう。

「ディズニー・ハロウィーン」で人気沸騰中のヴィランズ(悪役)のスイーツも登場している。銀座コージーコーナーの『プチガトーJOYJOY ハロウィン ディズニー ヴィランズ・コレクション』は、「ふしぎの国のアリス」のハートの女王、「眠れる森の美女」のマレフィセント、「ライオン・キング」のスカー、「ジャングル・ブック」のカー、「101匹わんちゃん」のクルエラ・ド・ビル、「ノートルダムの鐘」のクロード・フロロー判事、「三匹の子ぶた」のビッグ・バッド・ウルフ、「ヘラクレス」のハデス、「白雪姫」の女王をモチーフにした食べきりやすいプチサイズのケーキセットだ。

 1箱で9種の味と見た目が楽しめて、お得感が高く、自宅で「ディズニー・ハロウィーン」の雰囲気を味わえるのもうれしいポイント。また、人気のハロウィンモチーフの1つ、黒猫を模したオリジナルのカップデザートも要チェックだ。

 ハロウィン限定スイーツは10月31日までの限定販売なので、見逃さないように注意しよう。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
暴君ハバネロ、チロル…定番お菓子にハロウィンバージョン
きゃりーぱみゅぱみゅ 人気アニメキャラのおとぼけしぐさを披露
ハロウィン関連消費額 1万円以上の割合はバレンタイン超え

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP