ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進化する餃子 中の餡、つけダレ、調味料に活路を見出すか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パラダイス山元氏は、マンボミュージシャンとしての活動のかたわら、大好きな餃子の研究をはじめて三十有余年。スーパーの新商品から全国の有名無名店、さらには中国、ロシアまであらゆる餃子をその舌で味わいつくし、会員制餃子店「蔓餃苑」をオープン。オーナーシェフとして腕をふるう。人は彼を“餃子の王様”と呼ぶ。そんな同氏が餃子への熱き思いを語る。

 * * *
 かつてはラーメンのサイドメニューなどとして、「とりあえずビールと餃子」と脇役扱いされてきた餃子。ラーメン、うどん、カレーと消費され尽くした感のある“食ブーム”の中でも、餃子そのものにスポットが当たることは、これまでほとんど無かった。だが、今年に入って、とうとう餃子がキテいるのだ。

 日本では、餃子は戦後、中国から渡ってきた食べ物とされる。しかし、実際中国に行ってみると、日本の中華料理店でよく目にする焼き餃子はほとんど存在しない。中国では、水餃子や蒸し餃子が一般的である。

 中国のレストランのメニューに焼き餃子は「日式鍋貼」などと表示されている。“これは日本で生まれたスタイルの餃子ですよ”という意味だが、その姿勢はなんとも潔く感じられる。

 何十年もかけて、餃子のルーツを訪ねるべく海外へ渡航しているうち、意外な場所に辿り着いた。ロシア連邦のブリヤート共和国。シベリアの中央部に位置するバイカル湖の東側一帯に広がるその連邦国で、戦後多くの日本人捕虜が過酷な労働を強いられた。

 冬はマイナス40℃にもなる厳寒の地である。そこで、パンなどと同様に主食として提供される「ブーザ」という食べ物を、何軒もの食堂で口にした。形は現代の餃子と同じ三日月型から、上に口が開いた小籠包のようなものまで様々。中身の餡は、豚肉と玉ねぎがほとんどであった。日本と同じ、「焼き餃子」のスタイルである。

「これは、中国から渡ってきた食べ物なのか?」と聞いたところ、 みな「これはブリヤートの伝統料理で、中国のものなんかじゃない」と、一様に語気を強めるのだ。ブリヤートから中国を経由して生還、復員した日本人が、このノウハウを持ち帰って、各地でその土地の材料で餃子を作り出したのが、日本の餃子の原点だと私は確信した。

 今や“国民食”と呼べるほど、日本の庶民派グルメの代表に成長した餃子だが、この先、さらなる大きな変貌を遂げることになるだろうと、筆者はみている。中の餡のバリエーションはもちろん、つけダレも、醤油、酢、ラー油という単調な組み合わせでなく、岩塩、レモン、柚子胡椒など、まだまだ餃子にぴったりハマる調味料が眠っている。そして、全国各地に、お手頃な値段で、美味しい餃子が食べられる名店が多数存在し、今なお増え続けている。

 日本独自に進化した餃子は、世界中から訪れる観光客を確実に満足させる最高の「おもてなし」として、さらに成長を遂げることになるだろう。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
小森純 餃子の王将・下北沢店の餃子を「ホッとする味」と絶賛
「餃子にストロングーッド!」と天海祐希が絶叫
餃子トリビアを紹介 三日月形の秘密、徳川光圀との関係ほか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP